スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキ屋は大変?

今日、小学校のお祭りでした。
私は、「輪投げコーナー」の担当でした。

目の前で、こどもたちが輪投げをするのを見ていたのですが、
たいていの子が、なぜか、遠くのをねらうんですよね。
どうしてだろ?
すぐ近くにあるのに。
やりがいがないから?

私はそこで2時間くらい、景品の交換をしていました。
一回30円だったのですが、
だまっていても、お客さん(子どもたち)がどんどん来るので、
(私もテキ屋になってみたい・・・、イイカモ)
とか、チラッと思いました。

それにしても、終わってみるとなぜかとても疲れていて、
帰りにスーパーに寄ろうと思っていたのですが、
行く元気がなく、一回、家に寄ると、
そのまま動けませんでした・・・。
テキ屋も大変かな。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>テキ屋

さんになりたいとは。ゼロから修業し直さないと駄目でしょうね。八九三さんには、テキ屋系と博徒系があるそうです。つまり、その辺からやり直さないといけない訳です。私が生まれた町にもテキ屋さんの元締めがいました。普段は傘直しを生業にしていましたが、お祭りになると大活躍だったそうです。もう五十年近く前の話ですが。

最初に八九三さんにならないと駄目なの?あれ~。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。