スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながりすぎる無線のノートパソコン

今回、無線にさせていただいた(この言い回し変)Power Book 1400(PB1400)ですが、電波をとばすルーターと、電波を受けるパソコン側のカード(この逆もありますよね。電波を受けるルーターと電波をとばすパソコン側のカード)は、別々の会社のものでした。MACの古いパソコンなので、なかなか合うのものがないそうで、そういう風になったのです。先日無事、つながりました。でも、何ていうか、あまりにも簡単につながって、びっくりしました。ルーター側の設定もノートパソコン側の設定も、何もしなくても、つながる感じです。親も子もパソコンも別々の会社なのに。
だから、別に、今ここにPB1400があるけれども、無線を使える他のパソコンをこのかわりに置いて、起動したら、つながっちゃうと思います。電波は何十メートルも届いているそうで、家の外でも、つながると思います。それから、ソフトで、無線の電波を利用している中身がわかるものがあるそうで、そういう点からも、有線と無線は全然違うな~と思いました。
本だとかインターネットで買って、カードで支払いをしたり、ネットバンキングとかたまに利用するのもあって、不安になりました。
それで、無線の場合、このパソコンでしか、ルーターにつながらないようにする設定と、インターネットの利用の中身を暗号化する設定を、しました!セキュリティは複雑でよくわかりませんでしたが、一応しました。確認するのは、誰かの無線のパソコンを
このうちに持ってきて、起動させてみることみたいなんですが、思い当たる人はいないです~。
それから、セキュリティをしても、それをやぶる?ソフトもあるそうで、信頼しすぎても駄目みたいなので、その点は、頭に入れておいた方がいいなと思いました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

電波が

届く範囲は半径約50mです。ご苦労様でした。

50m!

50m!って、結構、遠くまで届かない?大量の迷惑メールを出す人は、足がつくので、セキュリティをしていないどこかのお宅の無線ルーターを外から(車の中から)使わせてもらって、送ることがあるって、インターネットで読んで、びっくりしました。そうしたら、足がつくのは、身に覚えのない人なんですって。滅多にないことでしょうけど。迷惑メールは受け取る一方だとばかり思っていたら、逆もあるなんて・・・。

電波法で

決められた電力でも50mは届きます。アンテナを付けるともっと届きます。でも認定されたアンテナじゃないと、電波法違反になります。アンテナはBuffalo等のメーカが出しています。家のジャンク出身AirMacBaseStationは分解して、中の無線カードのアンテナ端子からBuffalo製のアンテナにつないでいます。一応、指向性(特定の方向へ電波が飛ぶようになる事)がありますので、外に向かって到達距離が伸びる訳ではありません。

電波法ですか~

ところで無線の電波?電磁波?って、体に悪いものですか?ちょっと、気になります。

電磁波って

高周波(GHz帯/電子レンジ等で使われている周波数帯)は有害です。もっと低い周波数帯も危険と言われています。家電製品はそれなりに対策が施されていますし、パソコン等もFCC(アメリカの機関です)の規制があるので、漏れ出る電磁波は一応規定内に収まっていると思われます。高圧線も周波数が低い(50Hzか60Hz)ですけど、有害説(高圧線が通っている近辺の人のガン発生率が高いとか)もあります(統計的な事なので、因果関係を立証するのは難しいかも知れません)。パソコンからの電磁波を完全に防ぐのは難しいです。これらの技術自体、一般化されたのが近年ですし。

無線も有線も

人体への影響は同じなんですか?無線の方が、悪いんだと思っているんですが。あれ?
それからうちは電子レンジないので、airstation setupのオーブン何とかのチェックはしませんでした。

電磁波

一般的に物はそれ自体の温度に対応した電磁波(光も含みます)を発しています。一般的にと書いたのは、熱によらない輻射もあるからです(これは別の事なので詳しくは書きません)。電波→赤外線→可視光→紫外線→X線→ガンマ線(大まかにです)の順になり、温度が高い程、周波数が高くなります。
周波数が高くなる分、電磁波自体が持っているエネルギーも高くなります。ただし、パワーの大小はまた別の問題です。人の体も赤外線を発していますが、危険ではありません。
話を簡単にするため、電波だけに限って書きます。上にも書いた通り、周波数が高くて、パワーが大きい場合は有害というより危険です。身近な例では電子レンジがそうですが、周波数が高くてパワーが大きいので、物を煮たり焼いたりするのに使われます。もっと周波数が高いレーダー等も短時間(ミリセカンドとか)に大きなパワーを放射します。仕事柄聞いて知っている事ですが、運用中のレーダーアンテナの前に立つ事は死を意味します。普通はメンテナンス中は電波の発射を止めるので事故が起こる事はありません。
普通の無線LANとかは「危険があるのか、ないのか」の統計的データは一般に公開されてはいません。前に書いた様にFCCの規制はありますが、人体に対する項目が「あるのか、ないのか」は知らないです。他の電化製品に対する影響の具合のみの規制なのかも知れません。過度に心配するのもなんだし、全く度外視するのもなんだし。という訳が分からない書き込みになってしまいました。調べる事が必要ですね。統計的データを判断するには色々な知識が必要とされます。

わからないようで

わかりました。
温度が高いほど、高周波なんですね。知りませんでした。電磁調理器も色々言われ出しています。
高圧線のことは聞いたことがあります。
私ももう少し、調べてみます。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。