スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオから、流れたらいいねぇ

下の子と一緒にいる時、
ラジオから、
ちょっとだけ、アンジェラ・アキに似ている女の人の曲が、かかっていました。

アンジェラ・アキ、下の子が大好きなので、
「ラジオから、アンジェラ・アキ、かかればいいねぇ~」
って、私が言いました。
「・・・うん」
って、下の子が、言いました。

その曲が、終わって、次の曲のイントロが流れました。
そして、女の人が、うたい始めました。
「あっ、アンジェラ・アキだ!」
私が言うと、下の子が、
「うん!」
と嬉しそうに言い、からだを揺らしました。

ラジオならではの、素敵なハプニング。
嬉しいおどろきの時間、ありがと。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「ながら」で聴く曲

歌詞のある曲 (特に日本語の) は本を読みながらとかの場合は向かないですね。
他の事の場合は問題がないですけどね。
と言うのも自分でも意味が分かるし自分で合わせて歌ったりしてしまうからです。
言葉には力があるからかな?

洋楽

「洋楽」というのも、懐かしいかもしれませんが、
洋楽を最初に聞いてたからか、
日本語のうたも、洋楽のように聞いてしまっているので、
ながら、も、大丈夫なんです、私。
でも、そんな私の耳にも、ちゃんと、日本語の歌詞が響いてくるように作られている音楽があって、そういうのに、出会うと、すごい!アーティストだと感心してしまっていたりして。
「日本語のちから」感じます、そういう時。

れ:洋楽

懐かしい呼び方ですね。
それ以前にも一部の人には受け入れられていたと思いますが、
広まったのはビートルズとかの時代からでしょうか。
それ以前は歌謡曲か教科書に載っている様な曲しか触れる事はなかった気がします。

高校から大学にかけては「ながら」ばかりしてました。
成績が悪かった訳ですね。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。