スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク自衛隊、米兵輸送は違憲ー名古屋高裁

 青山裁判長は判決で「イラクでは、多国籍軍と国内の武装勢力の間で国際的な武力紛争が行われ、特に首都バグダッドは多数の犠牲者が出ている地域でイラク復興特別措置法でいう『戦闘地域』に該当する」と認定。クウェートからバグダッドへ多国籍軍の兵士を空輸する空自の活動について「他国による武力行使と一体化した行動」と述べ、武力行使を禁止した憲法9条1項とイラク特措法2条2項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条3項に違反すると判断した。
『毎日jp(毎日新聞)』より

名古屋高裁の青山邦夫裁判長が、今日、イラク自衛隊の多国籍軍の兵士輸送は違憲との判断を示しました。違憲と認定したのは、初めてです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

問題は

終りではないですね。
当然、国側は上級審へ持ち込むでしょうね。
そうなった時に、どの様な判決が出るか。
憲法の問題に踏み込む場合、最後の最後でひっくり返る事が多いですから。

今回の場合は

上級審はないんですね。
でも今一つ釈然としません。
問題自体が先送りされたような気がしています。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。