スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFOはいるのかいないのか。

議員さんが、
UFOがいるのかいないのかで、
もめているようですが(もめてるのかな?)、
いるんでしょうか?
いるいないっていう言葉遣いも変ですが。
私は、とりあえず、自分の目で見たり体験するものが、間違いないと思うので、
いるとは、言い切れません。
あと、ずっと、前に、科学者がいないって言っていたのを聞いて、
そうなんだーと思っているところがあります。
けど、
とても、文明が発達した星があって、
飛んでくることもあるのかなと。
いずれにしても、
確証がないことには、わかりません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大まじめに

やっているのを見て失笑してしまいました。
UFOはともかく、同程度かそれ以上に発達した文明を持った星はあると信じています。
だから、setiathomeで異文明からの信号解析に協力しています。
ただ、もし信号が見つかっても、既に滅んでしまっているかも知れません。
宇宙は広いので、地球に信号が届くまで、何百年、何千年、何億年もかかる場合があるからです。
宇宙の遠くを見れば見るほど、過去の姿を見ている事になります。

UFO

UFOがいるかいないかは、
お化けがいるかいないかと、
同じ感じの議論だと思っているのかもしれません。

その科学者が、
地球から確認できる範囲には、生命反応?はないし、
宇宙もどんどん膨張しているし、
UFOが地球に、来ることはありえないというようなことを言っていたような・・・。
何だか、現実的な感じで、ちょっと、がっかりした記憶があります。
あれ、本だったかな、うちに、あるかもしれません。

人間の細胞を細かく見ていくと、
宇宙の構造に似ているとかとも聞いたことがあって、
あら、そしたら、私のいる宇宙は、
何かの構成物質かもしれないとか思ったり。

とにかく、宇宙は、不思議ちゃんです。

どかに書いた覚えがあるけど

宇宙の最初 (ビッグバン) の時は、水素と多少のヘリウムしかなかったそうです。
それらの分布の多少の揺らぎが元で、水素などが集まり、自分自身の重力で
収縮し、原始星となり、内部が高温になって、核融合が始まり、水素からヘリウム
に姿を変えて行きます。
その時のわずかな「質量差」分がエネルギーになり、星は輝きます。
それがずっと続いて行くと、遂には水素が無くなり、ヘリウムの核融合が始まります。
その様にして、星は進化し、あるものは (元の質量が小さかったものは ) 白色矮星
となり、静かに一生を終えます。
もっと質量が大きなものは、更に進化し、中心部が「鉄」になり、それ以上の
核融合が起こせなくなり、バランスが崩れ、大爆発を起こし、超新星となります。
爆発の後には、なにも残らない場合と中性子星がのこる場合とブラックホールが
のこる場合があります。
その時の爆発で、水素やヘリウムよりも思い元素が宇宙にばらまかれます。
同時に爆発によって、新たに星が形成される事もあります。
宇宙開闢以来、このような事が繰り返され、今のような宇宙が形成されました。
太陽もその一つで、その周りを回る地球もその産物です。
元をたどれば、私たちの体もその様にして形成された元素から出来ています。
☆の子なんですよ。

星の子

自分のからだが元素からできているというのは、意識しています。本当か!?
元素からできて、死んだら、元素に戻るんだなーと。
生きていても、死んでいても、質量は変わらないのかな?とか。
お墓に入るのもいいけれど、
できれば、自然にかえりたい感じです。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。