スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「馬糞まんじゅう」の思い出

今日、ラジオから静内の馬糞まんじゅうの話題が流れてきました。
それを聞いていたら、私と姉の馬糞まんじゅうの体験を昨日のことのように思い出しました。
姉と私が高校生くらいの頃、室蘭で馬糞まんじゅうが美味しいというお菓子屋さんがあると聞き、買いに行きました。
姉と私は、実物は見たことはなかったのですが、馬糞まんじゅうの名前のとおり、それらしい姿かたちをしているんだろうと思いました。
初めて入るお菓子屋さんの戸を開け、ガラスケースに並んでいる色々なお菓子を眺めていると、私と姉はあるお菓子に視線が止まりました。
(あっ、このお菓子にちがいない)
姉と私は、お互い目をあわせ、うなづきました。そして姉が、
「このバフンマンジュウ五個ください!」
と、さきほどから見守ってくれていた女の店員さんに言いました。
その瞬間、なぜかいきなり沈黙が訪れ・・・
沈黙はずっと続き、店員さんは一言も話さず、黙々とまんじゅうを包んでくれました。
かなり不機嫌のようでした。

お店を出てからの姉と私の会話は次のとおりです。
「もしかしたら、バフンマンジュウって、ただそう呼ばれているだけで、ちゃんと名前があるんじゃないの?」
「そう言えば、まんじゅうの所に、馬糞まんじゅうって書いてなかった」
「バフンマンジュウって、勝手にお客さんがそう呼んでいるだけで、お店で注文する時は、名前があるんだから、名前で言うんじゃ・・・」


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

馬糞まんじゅうって聞いた事がある様なない様な。
どんな形をしているのですか?食べた事はないです。
馬糞ってもはや死語?じゃないかな?
子供の頃、農家では必ず馬を飼っていました。
田を耕すのも冬に馬そりを引くのも大切な仕事でしたからね。
堆肥にも馬糞が混ざってました。
食べ物の話から逸れてしまいましたね。

死後じゃないですよ〜、おりおんさん。
ラジオでも紹介されていましたが、競走馬で有名な静内で今実際にあるお菓子ですよ〜。
私は、室蘭のしか見たことないですが。室蘭のは、中にあんこが入った黒糖の蒸し饅頭だったかな。あんを生地で包んであるのですが、その包み方が適当というか、大胆というか、グチャグチャというか、何と表現したらよいのやら。


競走馬は別扱いです。
競馬ファンか競馬関係者でないとね。
輓曳競馬もあるけれど。昔は妹背牛でも開催されていました。
乗馬が趣味なんてハイソ(死語)、今はセレブ(これは嫌い)とか言うんだっけ?でもないし(@_@)

馬はここらじゃ見かけませんが
馬糞ウニは好きです。
いっぱい捕れますが、食べるところは少ないww
北海道は
牛も馬も そっこらじゅう走ってますか?

はいさん、
子どもの小学校のとなりにサイロがあります。牛がいると思います。風向きによって、牛のにおいが家の外までします。馬は毎日大通りを歩いています。熊も市内に出ると聞きます。鹿も出るそうです。きつねにたぬき、ゴリラなんでも歩いています。途中から嘘が混じりました。
おりおんさん、
私は乗馬が趣味という人には今まで出会ったことがありません〜。縁がないですね〜。


>馬は毎日大通りを歩いています。熊も市内に出ると聞きます。鹿も出るそうです。きつねにたぬき、ゴリラなんでも歩いています

似た人は、こっちにもたくさんいます。

昨日、とうとう、お爺さんになりました。

えっ、本当ですか?本物のお爺さんに?
それは、おめでとうございます。
へ〜!、本物のお爺さんに。
へ〜!
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。