スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星がなくなる!?

「なくなる」じゃなくて、
太陽系の惑星の定義から外れるということになったそうで、
そうなの~!という感じでした。
小学校の教科書で、「水金地火木土天冥海」と習って、そういうものだとずっと思っていました。
その後、1999年に、冥王星の軌道がだ円を描いていて、
海王星と順番が変わっているから、「水金地火木土天海冥」となった時は、
ずっと「そういうものだと思っていた」ことを訂正するのに一苦労(?)しました。
でも今度は、「なくなる~!」「え~!」という感じです。
そんなことが今、起こるんだったら、
せめて「この太陽系の惑星は今後増えたり、変更になったりすることがあるかもしれませんが、今は~」
という風に教えてもらいたかったです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

トンボーが発見した後、詳しく調べられ、公転軌道が他の惑星と違っており「太陽系の重力に捕らえられた通り掛かりの小惑星では?」という疑問は出ていました。
発見されたきっかけは、海王星の公転軌道の揺らぎだったそうです。
海王星も天王星の公転軌道の揺らぎから見つかったらしいです。

あやしいという疑問は出ていたんですね。何も知らなかったので、寝耳に水のような感じです。ディズニーのプルートもびっくりしていると思います。

ギリシャ神話のハデス(プルート)も驚いているかも。

そうですか。ギリシャ神話のですか。
そのハデス(プルート)というのは、冥王星と関係あるのですか?
いや、順番からいうと、冥王星の方が、そちらから取った?のですね!
宇宙のことは、わかりません。
太陽系、銀河系、それ以上のことは、わかりません・・・。
宇宙に境目(はじっこ)があるのかと考えただけで、わからなくなります。

それじゃHST(ハッブルスペーステレスコープ)が撮った宇宙の神秘をば。QTで動画見る事が出来ます。
動いているのをクリックして下さい。おとも付いています。
http://www.esrin.esa.it/export/esaCP/SEMSC06LARE_index_0.html
カシオペアAという名の超新星の残骸です。

英語ばかりでよくわかりませんけど、動画見ることができました。おとも?
カラフルで、今まで抱いていた宇宙のイメージと違うので、びっくりしました。
白と黒とだとばかり。

星の色とかは写真からだけでは判断出来ない場合もあります。
HSTの場合は多分「可視光線」なのでリアルカラーでしょうね。
でも赤外線領域とか電波領域とかX線とかガンマ線領域でしか観測出来ないものもあります。
これらの場合は、その強度に応じて色をつける(フォルスカラー)場合もあります。

昨夜、星がきれいだったんですよ~。
札幌でもきれいに星が見える時があります。
でも、白黒にしか見えませんけど。
いろいろな色だと、宝石みたいですね。

天体画像収集も趣味の一つです。
HDの容量にして20GB位あります。
スライドショーにしていますが、飽きないですね。

20GB分、天体画像が入っているということですか?
20GBって、ウ~~ン・・・

元々好きだったのですが、宇宙関連の仕事をしてますます興味が湧きました。
宇宙関連とは、人工衛星を地上から管制する装置の一部とか、人工衛星からの画像を受けて処理する装置の一部とか、人工衛星と地球の距離を測る装置の一部(一部ばかりですが、全体はとても一人では設計出来ません)の設計を担当したからです。
過去に遡って集めたので20GB位になりました(@_@)

宇宙関連!?
おりおんさんって、宇宙関連の仕事をしていたんですか?
今、はじめて、知りました。
壮大なお仕事ですね。
そう言えば、グーグルかどこかで、人工衛星の地図のサービス始めませんでしたか?

Google Earthですね。
ちょうど昨日アップデートされました。日本語も使えますし、メニューも日本語で出ます。
URLは↓です。が、10.3.9以上じゃないと動きません。
http://earth.google.com/download-earth.html

10.3.9ですか。G4に入りますか?
どこまで近く見えるのかな。
我が家の屋根も見えるのかな。
軍事用は足跡までわかるとか聞いたことがありますが。
おりおんさんは、グーグルアース見たことありますか?

G4なら10.3.9入りますよ。
私が入っているマンションとか母のいるマンションは、見分けがつきます。
札幌近辺も画像が整備されている様で、いつか写真があった駅の側の屋根に書いてある文字が見えます。
やはりアメリカを中心に画像の拡充を図っている様です。
日本も政令指定都市なら、自分の家の屋根位は見えると思います。

屋根が見えるかもしれないんですね!
それでは、屋根に上って、世界中のみなさんに手を振ります。
って、ライブカメラじゃないですよね・・・。

残念ながらライブじゃないです。
でも時々雲がかかった状態の写真もある様です。
人も写るかも知れませんが、見分けがつくかどうか?
道路を見ると車かな?という程度に「車」位は見える様です。
電車は見えますね。G4のOS X10.4.X位インストールすると楽しみが増えるかも。

じゃあ、屋根の上で、時々大の字になってたら、そのうち、写るかな。
JR札幌駅の屋上の写真の字、わかるんですね!
そうだ、原っぱに巨大な文字か絵を書いたら、いいですね。
なんて書こうかな。
って、張り切って、どうするという感じでしょうか。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。