スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか復活したUSB

PM7500にUSBカードを付けて、USBの物も使えるようにしたのですが、ある日を境に、反応がしなくなっていました。
原因は何?と、それなりに対策をしていたのですが、わからずじまい。
そのまま放っておくこと数ヶ月。
久しぶりに、カードリーダーを接続したら、なぜかランプがつきました。
やった~!と思って、早速、デジカメからメディアを抜いて、読み込みました。
それまでは、デジカメをパソコンを直接つないでいたのですが、速い速い。
カードリーダーが復活したとなると、自分が持っている以外のメディアも使えるはず。
ということは、シリアルポートに対応している以外の普通のデジカメも読み込めるので、カメラの選択肢も信じられないくらい広がります。
いや、シリアルポートや旧OSに対応しているデジカメなんて、多分、売ってないでしょう。
もっと違うカメラを使ってみたいなという場合は、やっぱりUSBの物が使えることが必至。
USBの接続がなおったお陰で、また、違うデジカメを使ってみたいという思いがむくむくと湧いてきました。
すごい、時代錯誤の内容でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コンピュータって

けっこういい加減なところがあります。一番多いのは接触不良が自然に直ってしまうとか、バッテリを認識しなかったのに放っておいたら認識したとか(hanamoriさんのPowerBookG3)。
特にUSBは信頼性が無いです(経験的にですが)。バスパワー機器は特にそうです。

>コンピュータって

そのUSBが信頼性がないのって、増設したやつのことですか?最初から、そういう風になっているのは、大丈夫?

最初から

付いているのは比較的大丈夫の様です。ただ、USBハブとかを使って機器を増やすと動作が怪しくなってきます。最大で127個まで増設は可能(理論的には)だそうです。ホットスワップ(電気を入れたまま抜き差し可能)出来ますが、それが仇になっている場合もあります。

>最初から

USBのノート買おうかな~っ!

ありゃ~

1400はお子様用にして、自分用に新しいのを、という事ですか?
それなら、Appleストアー札幌店の開店に並んで、現行品をじっくり品定めしましょう。ついでにTシャツゲット!

>ありゃ~

現行品までは、いきません。
ノートで「G3」で、新OSを無理なく乗せれるのって、ないものなんですか?

ノートでG3

なら旧iBookでしょうね。G3に拘らなければiBookG4という手もあります。OS Xをストレス無く動かすには、G3でクロック周波数が高いのか、G4になります。現行品は既にIntel CPUになっています。オークション狙いが良いかも。

>ノートでG3

シェル型i-BookG3/366、黒いG3は233、266、300、333、400から選ぶとしたら、どれがいいでしょうか~?ルーターも今ので使えるのがいいんですけど。

シェル型iBookなら

色が選べます(OS X pantherなら大丈夫)。USBが無条件で付いているのは、シェル型iBookです。PowerBookG3は黒のみ。PowerBookG3でUSB付きは333か400か500です(OS Xは333と400(1999モデル)ならpanther、400(2000年モデル)か500ならtigerまで大丈夫)。シェル型iBookはFW付きのもあります(iBook SE/466/OS Xpantherかtigerでも大丈夫)。OS Xはjaguarまたはtiger>pantherでpantherが一番軽いです(早く動く)。最新はtigerで最古はpanther。旧OSはiBookが出た時のOS8.6以降なら大丈夫です。残念ながらOS8とかOS8.1は使えません。PowerBookG3の方は、333か400(1999年モデル)ならOS8.6以降。400(2000年モデル)か500ならOS9.0.2以降が使えます。400には2種類(1999モデルと2000モデル)ありますのでお気をつけを!OS付きの中古品がお買い得かも。Appleストアーへ行くとOS Xが使いたくなるかもしれませんね。

追加です

iBookは11bの無線LANに対応しています(1400と同じ/ただし、AirMacカードを入れなければならない)。無線ルータはそのまま使えます。iBookは1400の様なPCカードスロットはありません(内蔵用のAirMacカードしか使えない)。PowerBookはどれでも1400と同じようなPCカードスロットがあります。旧OSなら1400と同じ無線LANカードが使えます。PowerBook333と400(1999モデル)はirMacカードは取り付けられません。PowerBook400(2000年モデル)と500はAirMacカードが使えます。
悩んでください(^^)

>追加です

AirMacカードが使えるのが、うちのルーターでも、新OSで使えるということですか?

AirMacカード

じゃなくても、同じルータが使えます。新OSだと1400に使っていた無線LANカードは使えない可能性があります。この辺は確認していませんが、追って確認します。PCカードスロットがあれば、同じBuffaloの無線LANカード(1400のとは違う)が使えます。私はOS XでBuffaloのカードを2枚使っています。もう一つ、AirMacカードはもう作っていないので、中古でも高価です。互換カードが半額くらいでオークションに出ています。これなら、OS Xでも大丈夫だし、iBookでも使えます。

実験結果

1400に使っていたBuffaloの無線LANカードを、PowerBookG3改のPCカードスロットに入れて試してみました。結果は(T_T)です。カードとして認識はされるのですが、電源LEDも通信中のLEDも点灯しませんでした。同じBuffaloの54Mbps(11g)のカードなら使用しているのですが。OSは、OS X tigerです。
1400と同じカードを加工してG4Cubeに付けている例がありますが、かなり込み入った加工が必要なのでお奨めではありません。
それと、前に書いたOS Xの事で誤りがありました。OS X 10.2.XがjaguarでOS X10.3.XがpantherでOS X10.4.Xがtigerです。一番古いのがjaguarで新しいのがtigerです。一番軽いのはpantherです。tigerはハードウエアに十分な力がないと使えない機能も多くあります(必ずしも必須な機能ではありません)。
一番確実なのはシェル型iBook+AirMacカード(もしくはAirMac互換カード)+OS8.6(本当はOS9.2.2が望ましい/OS Xのクラシック環境として使えます/OS9か9.1のCDが手に入れば無料で9.2.2までアップ出来ます)+OS X pantherだと思います。ただし、OS Xを動かす時はメモリを十分に積んで下さい(最大限まで積んだ方が良い)。それとHDの容量も、最初から大きい方が良いです。自分で交換するには構造が複雑すぎます。1400の様に簡単に分解できません。
メモリの増設または換装はキーボードを外すだけで可能です。AirMacカードの取り付けも同じです。
OS Xを使うかどうかは悩んで下さい。旧OSでも8.6ならほとんどのアプリがそのまま使えますしUSBもFWも苦労せずに使えます。

また書き忘れました

pantherのパッケージ版(中古しかありません)を手に入れるとOS9.2.2のCDが付いている可能性があります。オークションか↓ここでご確認を。
http://www.vintagecomp.com/shop/shopdisplayproducts.asp?id=124&cat=OS%2FApple+%83%5C%83t%83g
もう一つiBookには光学ドライブがCD-ROMのみに対応したものと、CD-ROM,DVD-ROM両方に対応したものがあります。CD-ROMのみのものにDVDに入ったOSはインストール出来ません(読めない)のでお気をつけを。

>実験結果

いや、本当におりおんさんは、詳しいですね!多分、簡単に書いてくれているのでしょうけど、だいぶ理解できない・・・。1400はそのまま多分使うと思うので、今のカードはそのままにしておきます。iBookのOSは、旧と新と両方入れるということですか???DVDに入ったOSなんてあるんですね!シェル型i-BookG3/366にしようかな。入手先はオークションじゃないんですよ。ハードディスクがいくらか確認してみます。それにしても、さすがにお詳しいですね!色々、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

>新と旧のOS

両方入れなくともかまいません。旧OSだけでも大丈夫です。ただ、心に留めておかなくてはいけないのは、旧OSだと「ネットをみる事だけに限っても制限がある」という事です。Appleは旧OSを切り捨てました。これによって、旧OSで新しいソフトが出てくる事はなくなり、旧OSで使っているソフトのバージョンアップもほとんどなくなりました。
OS Xになってからは、OSの容量等が増えたため、CD-ROMでは収まりきれずDVD-ROMに入っているものがあります。CD-ROMに分割されて入っているものもあります。

新OS

読んでいたら、新OSにしてみたくなりました。iBook/G3/366は、ハードディスクが4GBだそうです。メモリは確認するの忘れました。確認してみます。4GBだと、新OSは厳しい?あと、黒いG3の333と400も確認してみようかと思っています。OSがCD-ROMに入りきれないなんて、すごいことになっていたんですね・・・。

4GBだと

OS Xのインストールは出来ません。OSと必須ソフトだけでも、もう少し必要です。それに加え、OS Xは仮想メモリが常にONです。メモリが十分あってもONになっています。CPUのクロック数はさておき、メモリは最低で256MB必要です。普通に使うには512MBですね。快適に使うには1GBは必要です。HDは最低でも20GB位は必要です。iBook/366だとON BOARDに32MBか64MB付いていますから、PC100かPC133(元のはPC66ですが、現在は却って手に入りません/PC100とかPC133は上位互換性があるので大丈夫です)の144PIN SODIMMの256MBか512MBを1枚増設するのが良いと思います。始めから付いているHDは3.2GBか6GBかな?換装は必至です。これも少容量の2.5inchは中々見つからないですね。バラシ画像がどこかにあったので探しておきます。HD換装は、ご自分で換装にチャレンジされるのも良いと思います。小さなドライバ類とトルクスドライバも必要です(ハンズかどこかで手に入れるとよいでしょう)。ハンダ付けは必要ないですよ。

>4GBだと

うっひょ~!
HDで20GB~!にメモリが256 or 512 or 1GB~!
PB1400と話しが違いすぎる。
別世界~

>別世界

1400は発売当時の環境に合ったMacなのです。コンピュータを仕事とか、お宅的に使っている人以外にとって、ここ数年の変化には驚かれるのが普通です。
ただ、OS Xは堅牢になっています。OS8.X時代には、アプリケーションがエラーを起こすとOSも一緒にエラーになっていました。OS Xではアプリケーションがエラーを起こして異常終了してもOSは落ちません。この辺は進歩だと思います。
OSが新しくなると、新しい機能が実装されます。必ずしも必要ではない「見た目」とか「ギミック」も盛り込まれます。そうしないと「売れない」からでもあります。お宅的な使い方をしていると、ついつい追従してしまいますね。そして古いものは切り捨てられます。普通に使う分にも、堅牢さは必要ですが、余計なギミックには要らないものもが多いです。見た目はお好み次第でしょうか?
技術の進歩は必ずしも人の生活に必須な事ばかりではないと考えます。と言う訳で、なるべく安上がりな方法で、必要な事だけを実現してください。

>別世界

OSがCD-ROMに入りきらないというので、もう、びっくり!です。
見た目ですか?ゴミ箱がブリキ風から、公園によくあるあみあみ風になっているのを、お店で見たことがあります。個人的には、旧OSのブリキ風のゴミ箱が気に入っています。
・・・と、そういうことじゃないですよね~

>見た目の違い

でいうと、そんなところです。表示画面もきれいになりました。DOCKという名前のランチャー(アプリを起動させたりする)が表示されるのも見た目かな?実用性もありますけど(旧OSの時代にもランチャーはありました/コントロールパネルで表示、非表示が選択できます)。
昔の話でいえば、ブリキのごみ箱の絵を変えて、書類を捨てると「オスカー(セサミストリートに出てくる)」が顔を出すというのもありました。

ランチャー?

あと、お店でさわってみたんですけど、Finder上のアイコンが下にまとまっていて、カーソルを上に合わせただけで、グイーーンとアイコンが大きくなって、驚愕しました。まるで、生きているみたいでした。突然のことで、びっくりしました。
セサミストリートは、ユニークですね!
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。