スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政教分離

小泉首相の靖国神社参拝ですが、去年今年と裁判で違憲判決が出ました。まだ他にもこの件で裁判にかけられていますが、まだ裁判中です。けど、合憲判決はまだ一例も出ていません。違憲判決のが公人としてだったのか、私人としてだったのかちょっと調べてみないとわかりません。違憲判決は政教分離の点で引っかかっているのでしょう。私も、戦没者に哀悼の念を表したいし、首相もいいと思います(A級戦犯のことはまたいろいろ~)。でも、祀られている場所が問題あるのではと思います。戦没者追悼のための公の施設ができたらいいのに。靖国神社は宗教上、誰でもお参りできるというものでもないので。どうでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ばにらさんこんにちはSASAです。
私は参拝賛成云々よりも、他国に干渉される事に
疑問を感じます。
特に中国は戦勝国なのにあやまれとか金払えとか
ほんとによく分からない国です。
私は4年ちょっとの間、中国で生活をしてきました。
思いますに、国民の生活水準が同じ程度になるまでは
この国も、国民も貧欲にお金を求め続けるだろうと思います。
感想でした。

 権力を振り回す人が、自分の我を通そうとするところに
危うさを感じます。

ばにらさんこんばんは、きむちです。
ヤフー掲示板ではすっかり雰囲気を壊してしまってすいませんでした。
ばにらさんの言う「戦没者追悼のための公の施設ができたらいいのに。」という意見には私も賛成です。
原爆被害者のために原爆ドームがあるように、戦没者の為の何らかの施設があってもいいですよね。終戦記念日にはそこで戦没者に追悼の意を表せば特に問題は起こらないような気がします。(中国と韓国が戦没者を奉ることをよしとしないのならば別でしょうが・・・)

返信遅れました。

返信を一生懸命書いたのに、投稿ボタン押さなかったのかな、あれ・・・?一昨日、投稿したはずなんだけど。大変、申し訳ありませんでした。もう一回書きます。
SASAさん、こんにちは。投稿ありがとうございます。日本はアジアの一員だし、お隣の国といえば、韓国、台湾、中国、北朝鮮等。「お隣の国」というのも距離的にもぐっと近い印象を受けるし、何かこう身近な感じで、いい関係であって欲しいし、仲良くなって欲しいです。外交カードかもしれないし、反日教育の成果かもしれないけれど、内政干渉と言ってしまえば、それまでのような気がするのですが。どうでしょう。現在、中国にいるということで、何か肌で感じていることとかありますか?
田島ハルさん、こんにちは。ありがとうございます。どんどん進んでいっちゃいますよね。
きむちさん、こんにちは。ありがとうございます。昨日、本屋さんに行ったのですが、小林よしのりの「靖國論」が並んでいて、中身を少し読んでみました。勿論、靖国神社参拝肯定派で、公共の追悼施設建設反対というか無理と書いてありました。どういうことか、もっとゆっくり読んでみたいです。もう一冊、小林よしのりの本と対極にあると言われている本、探したのですが、わかりませんでした。対極の内容の本でも、追悼施設は反対らしいですよ~。ありゃりゃ~という感じですよね・・・。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。