スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が来ないです

今シーズン、30℃以上って、あったかな???
海に行かないで終わるかもしれません。
去年は海に行けなかったので、
今年は行こうと思っていたのですが。

雨ばかり降っていて、北海道の作物も影響受けています。
大変!
スポンサーサイト

十勝スイーツ食べ・飲み歩き日返りバスツアーby阪急交通社

新聞の折り込みチラシを見て、なんて盛りだくさんなの!と思い、友だちと7月19日(土)に、参加してきました。
阪急交通社の「十勝スイーツ食べ・飲み歩き日帰りバスツアー(4,980円)」です。
十勝のスイーツをひたすら食べるツアーです。
最初から写真を写してきたので、見て下さい。でも、一個だけ、抜けています。詳細は、最後でお知らせします。


●朝、8時に厚別区の大谷地からバスに乗り、まずは、9時くらいに国道274号線沿い「北海道物産センター夕張店」に寄りました。そこから、夕張メロンシュークリームを添乗員さんから配られ、いただき、食べました。美味しかったです。

obi2.jpg
●次は、10時くらいに、日高町千栄にある「日高純馬油館」で、揚げいも、お茶、お菓子、飴、馬油石鹸、馬油クリームをいただきました。足湯もあり、入っている人もいました。

obi3.jpg
●「日高純馬油館」の建物のすぐ横に立っている巨大な熊です。雨に濡れていて、今ひとつ、迫力に欠けています。

obi4.jpg
●「日高純馬油館」を出たら、日勝峠に入ったのですが、この日は一日中雨で、景色は何も見えませんでした。

obi5.jpg
obi6.jpg
●お昼は、11時くらいだったのですが、日勝峠の「清水ドライブイン」で、お昼をいただきました。豚丼か、牛トロ丼どちらか選べたのですが、私は、豚丼を選びました。十勝ワイン(の多分ロゼ)が、一緒についていました。※デザートは後から出てきたので、別に写しました。

obi8.jpg
●12時半くらいに、帯広音更町の「柳月スイートピアガーデン」に到着しました。

obi7.jpg
●「柳月スイートピアガーデン」の二階では、「三方六」とかのお菓子の工場があり、見学できました。写真撮影は禁止だったので、写しませんでした。一階に、お店と食べるところがありました。無料のコーヒーがあり、飲みました。写真は、三方六の試食品です。作り立てなのかな~と思いながら、試食しました。

obi9.jpg
●「柳月スイートピアガーデン」限定品の「チーズプラネット」を添乗員さんから配られ、いただきました。

obi10.jpg
●午後1時くらいに帯広の六花亭本店に到着しました。

obi11.jpg
●さきほどの「柳月スイートピアガーデン」でも無料コーヒーがありましたが、「六花亭帯広本店」でも無料コーヒーが。美味しいです。

obi12.jpg
●「六花亭帯広本店」限定の「サクサクパイ」です。サクサク感が、3時間しか持ちません。添乗員さんから配られ、いただきました。クリームがくどくなく、パイ生地もさくさくしていて、大変、美味しかったです。

obi13.jpg
●午後1時半くらいに、「クランベリー弥生店」に到着しました。店名の「クランベリー」は、前は「アンデルセン」でした。店名のことで色々あって(?)今は、「クランベリー」です。量り売りのスイートポテトで、ここも全国的に有名なお店です。
スイートポテトとクッキーを、お土産として買いました。

obi14.jpg
●「クランベリー」の「ポテトパイ」です。添乗員さんから配られ、いただきました。これも、とても、美味しかったです。

obi15.jpg
●午後3時くらいに中札内にある「花畑牧場」に到着しました。写真は、「花畑牧場生キャラメル館」です。

obi16.jpg
●「花畑牧場生キャラメル館」では、生キャラメルを作っているところを、ガラス越しに見ることができます。

obi17.jpg
●「花畑牧場カフェ」です。中で、アイス等を食べることができます。私もホットキャラメルチョコレートのアイスクリームを食べました。480円でした。高い!

obi18.jpg
●「花畑牧場ホエー豚亭」です。時間もないし、お腹もいっぱいだし、食べませんでした。

obi19.jpg
●「花畑牧場ショップ」です。生キャラメルは、もう何回か食べたし、持ち運びに気を遣うので、買いませんでした。「チーズタルト」と「いも餅」をお土産に買いました。生キャラメルは、買うのに行列を作っているという風でもありませんでした。

obi20.jpg
●「花畑牧場チーズ工房」の前に、豚と牛と馬が、飼われていました。

obi21.jpg
●「花畑牧場チーズ工房」もガラス越しに、作っている所を見ることができます。写真は、ぶら下げられたチーズです。私も以前食べました。「カチョカヴァロ」です。焼いて食べるやつです。

●後は、帰路となり、大谷地に午後7時半くらいに、到着しました。

<今回の日帰り旅行を終えて>
配られたお菓子は、家まで持ち帰ったものも多かったです。お腹ぱんぱんになりたくなかったので。でも、お昼のボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。印象に残ったスイーツは、六花亭のサクサクパイと、クランベリーのポテトパイ、リッチモンドのメロンシュークリームです。
そうそう、それから、最後、もう一回、行きに寄った「清水ドライブイン」に寄るんです、そこで、ハチミツケーキというたこ焼きくらいの大きさのお菓子を、つま楊枝に刺してもらって、店内で食べるのです。それの写真を写すのを忘れてしまいました。残念。
あと、私は友だちと参加したのですが、奇数参加だったので、横に座った方は、知らない素敵な先輩主婦さんの方で、色々、お話を聞かせていただいて、楽しかったです。先輩主婦さんは、三人で参加していました。お話がとても楽しくて楽しくて、私も、同じようになれたらいいな~と思いました。ブログに載せると言ったら、色々、手伝って下さったりで、本当に感謝しています。見つけたら、コメントして下さいね。美味しかったし、お腹いっぱいでしたね!ありがとうございました。

ラーメンどんぶりの底に、「ありがとう」

sanpati.jpg
今日の、お昼、家族でラーメンを食べにいきました。
いつも行っているところは、もうちょっと、と、上の子が言うので、
違うラーメン屋さんへ。
下の子は、ラーメン大好きで、つゆまで、全部、飲んじゃいます。
全部、飲んだら、ラーメンどんぶりの底に、「ありがとう」の文字が。

マジソン・スクエア・ガーデンバッグ

madison.jpg
世代と言えば、
私が、高校生?の時、
学生カバンの他に、サブバッグ的な存在のバッグで、
紺色の「マジソン・スクエア・ガーデンバッグ」というのがありました。
大きさは、ボストンバッグくらいの大きさで、結構、大きかったです。
入らないものはない、という感じでした。
最近、興味を持って、色々人に聞いてみると、
メインバッグで持っていたり、自分なりにサイドを細くするとかの加工をしたり、とかも聞きました。
みんなが持っていて、空気のような存在のバッグでしたが、
ある世代しか、知らないということもわかりました。
懐かしくて、リサイクルショップで実物をもう一度見てみたいと思い、
何年も探したのですが、なく・・・。
あっても、あの大きさじゃ、買っても仕方がないので、
小さくて、普段、持ち歩ける大きさのなんて、ないかな~と、
思っていたら、オークションにありました!
ひとまわり小さくて、出かける時にちょうどいい大きさの黄色いマジソンバッグです。
もう、たまに持って歩いていて、このバッグ見覚えある?と、友だちに聞いています。
世代のバッグ、懐かしいです。



NHK青春ラジカセ

1978年から始まったNHK-FMの8年間のラジオ番組「サウンドストリート」を聞けるコーナーが、NHKのHPにできていました!
著作権の関係で、曲は一部で残念ですが、当時の雰囲気そのまま伝わってきます。
感激してます。
注意書きによると、当時、番組を録音する制度がなくて、当時のリスナーの協力のもと、HPを作成したそうです。
渋谷陽一、佐野元春、山下達郎、坂本龍一、甲斐よしひろさん等、平日の夜10時くらいから、自分の机の上に置いてあるラジカセから聞いていました。
その中でも、選曲がよかった佐野元春さんの番組は、毎回(?)カセットテープに録音したので、探せばあります。
http://www.nhk.or.jp/my-fm-days/

ここをクリックしていただくと、そのサイトに飛びます。
懐かしいです。
渋谷陽一氏と忌野清志郎さんの対談とか、
私が、フィル・スペクターやガールグループを知った1985年2月11日OAの佐野元春の「ヒストリー・オブ・ロックンロール」とかあります。
他に印象に残っているのが、坂本龍一さんが、リスナーから送られた自作自演の曲をかけてくれていたことです。
そこから、レコードもできました。持ってます。
あ~、懐かしい~!!!
「青春ラジカセ」となっていますが、まさに、私にとって、タイトルそのままです。
こういうHPができて、嬉しいです。
ブログパーツがあるので、そのうち、設置しようと思います。



最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。