スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいデジカメ

一眼レフじゃない普通のデジカメ歴約10年?
少しずつですが、年々、カメラ撮影に興味が湧いてくる感じです。
最初130万画素(×2)、それから200万画素、それとつい最近400万画素のを買いました。
すべてオリンパスです。オリンパスばかり、4台使ってきました。
同じメーカーなのは、メディアが同じだったからです。
でも、最近買った400万画素のは、メディアが変わっていました。
同じ方が、親切だと思うのですが。
なぜ、オリンパスかというと、当時Macintosh対応のデジカメが、オリンパスだったからです。
写真サイトを見てみると、みなさんデジタル一眼レフなのですが、
デジタル一眼レフ以外でこだわる?というのも、ちょっと、面白いかもと思っています。
でも、いつかは、デジタル一眼レフ使ってみたいですけど。
デジタル一番レフは、使いこなすのに時間がかかりそうで、
今は、時間的に余裕がないので、無理かなぁと思っています。
下の三枚は、最近買ったカメラで写しました。

095291.jpg

0905281.jpg

0905282.jpg
スポンサーサイト

わたしいつでも旬です!


「わたしいつでも旬です!」「すてきなママよ おしゃれねぎ」
何ていうか、ネギを買おうと思って、手に取ったら、コピーが変わってて、びっくりしました。
生協だったのですが、とにかく、えっ!と、まじまじと見てしまいました。
ホームページのアドレスも載っていて、開いてみたら、結構、商品に対する熱い思いがあって、これまた、びっくりです。
おしゃれねぎのホームページは、こちらです。

函館で食べまくり

gotouken.jpg

「五島軒本店レストラン雪河亭」の蘆火野カレー(ビーフ、中辛)です。おいしかったです。
五島軒のホームページは、こちらです。

yakumo.jpg

「ハーベスター八雲」の熊石海洋深層水 岩塩のピッツァと、海のスパゲティーです。チキンがおいしいとのことでしたが、お土産で、スモークチキンを買い、そこでは、食べませんでした。噴火湾が見渡せて、眺めが抜群のところにあります。
ハーベスター八雲のホームページは、こちらです。


reimonn.jpg

函館市元町にあるカール・レイモン氏旧工場跡地に建てられた、「レイモンハウス元町店」です。ここでは、焼きソーセージ等、食べることができます。
「函館カール・レイモン」のホームページは、こちらです。


awabi.jpg

金森赤レンガ倉庫の中に、市場みたいのもあって、そこで海産物を目の前で調理して、食べさせてくれるところがあり、あわび二個千円でしたので、食べました。
金森赤レンガ倉庫のホームページは、こちらです。

kozai.jpg

函館駅のわりとすぐ近くにある居酒屋「弁財船」のメニューの一つ、「子財なべ」です。うに、いくら、つぶの玉子とじで、もしかしたら、今回の函館行きで、一番おいしかった?と、思った一品です。
居酒屋弁財船のホームページは、こちらです。

函館から帰ってきて、ダイエットに励んでいます。



函館の路面電車

hakodatesiden.jpg
函館の街を走っていた路面電車です。
二両が連結されているのは、
初めて見ました。

ディスコをデスコという

会社の先輩とお昼休みに話していました。
先輩が「デスコでどうの」と言ったのですが、
私は、何を言っているのかわからないで、
何回も聞き返しました。
その会話を聞いていた他の人が、
「意味通じてないよ」と笑っていました。
先輩は「ディスコ」のことを「デスコ」と言っていて、
私には、わからなかったのです。
私は、デスコと言われても、たいてい、わかるのですが、
その時は、会話の前後からディスコと想像しづらく、
ピンと来ませんでした。

ディズニーランドをデズニーランドとか、
シーディーのことをシーデーとか、
ちっちゃい「ィ」をなくしてしまうのは、
発音しやすいからとかなのでしょうか?
年齢が上になるにつれて、
そういう風に発音している人が多く感じたりもするのですが。

たいしたことではないのですが。




上の子への「こちょこちょ」終了。

赤ちゃんの時から、ずっと、子どもをくすぐっていました。
わきの下とか、くびの下あたりとか、あしの裏とかです。
こどもの満面の笑顔がうれしくって、
その笑顔を見ている私も笑顔に。
私のくすぐり方も、だんだん上手になってきて、
子どもの方から、リクエストがかかるようになってきました。

「くすぐってぇ~」
と、言って、私のところへやってきます。
私もサービス満点で、リクエストに答えます。

リクエストがなくても、
わきの下を私に見せていたりすると、
さっと、くすぐったりします。

先日、私がソファに座っていると、
ソファの上に立って、
高い所のものを取ろうとしている上の子のわきの下が甘いことを発見。
条件反射的に、ちょっとだけ、くすぐってしまうと、
バランスを崩して、上の子が床に転倒してしまいました。
その時、かけていたメガネが、バキッ!と、まっぷたつに折れてしまいました。

「あ~~、やっちゃった、ごめんね」と、私。
「・・・」と、上の子。

「ごめんね、もう、くすぐするのやめて欲しい?」と、私。
「うん」と、上の子。
「わかった、もう、くすぐるのやめるね」と、私。

上の子への「こちょこちょ」終了した日でした。




函館「ラッキーピエロ」のハンバーガー

私が函館でとても行きたかった所のひとつ、
ハンバーガーショップの「ラッキーピエロ」です。
函館出身のバンド、グレイのメンバーが、おいしいと言って、
函館に帰ったら必ず寄って食べると言ってから、
とても有名になったと思います。
一回食べてみたいと思っても、機会に恵まれませんでした。
今回の函館行きがチャンスと、
耳にタコができるくらい、
母と姉と弟に、「ラッキーピエロに行きたい!」と、言っていました。
私の熱意がやっと伝わって、
二日目の午後、五稜郭公園前店に、行くことができました。
作り置きはしないので、待たされましたが、
一番の人気という「チャイニーズチキンバーガー」を買いました。
お持ち帰りにして、家に持って帰り、みんなで食べました。
おいしかったです。
また、食べたいです。
ちなみに母は、外のベンチで待っていて、一歩も店内に入ってきませんでした。

ラッキーピエロのホームページはこちらです。





朝市で「おねえさん」と連呼される



JR函館駅にむかって左側にある函館朝市に、母と姉と弟と私で、行きました。
たくさんのお店が軒を連ねていて、通るたびに、お店の人が声をかけてきます。

「おねえさん、ちょっとちょっと」
「はい、そこの、おねえさんがた」
「さあさ、おねえさん、いかがですか」

第一声に、必ず、「おねえさん」が入っているんですよね。
うふふ。
間違っても「おばさん」なんて、失礼なことを言う人は、ひとりもいません。
日常生活で、「おねえさん」なんて、呼ばれませんから、
呼ばれるたびに、内心、微笑んでたりして。

いやあ、気分よかったです。
また、ぜひ、行きたいです。

ちなみに、今回は、気分が良くなって、たくさん、買いました。
商売上手です。

森町の桜


札幌から函館まで行く際、八雲町までしか、高速道路はありません。
その後は、一般道路を通って行きます。
一般道路(国道五号線)沿いに、森町の道の駅「YOU・遊・もり」がありました。
その道の駅の建物の後ろ側に、「オニウシ公園」がひろがっていて、
そこは、桜の名所でした。
9日に、函館の桜の名所で有名な五稜郭公園に行きましたが、
残念なことに、もう、桜は散っていました。
10日に寄ったこの「オニウシ公園」は、満開でした。
写真は、しだれ桜です。
北海道にもしだれ桜があるんですね。




開脚をみられる


函館でホテルに泊まったときのことです。
そのホテルは、サービス満点で、
もちろん、エレベーターの前にも椅子がおいてありました。

ホテルで私はもう、すっかりくつろいだ気分になっていました。
エレベーターで下に行こうと思ったのですが、
その時、一番上までエレベーターが行く表示になっていたので、
私がいる階を一回、通過して上まで行き、
それから、下行きになるので、
しばらく、待たされるなぁと思い、
どっこらしょと椅子に座りました。
私は、あまりにもリラックスしていて、
足が、開脚していて、手は、ひざに乗せていました。

その時です!
通過すると思っていたエレベーターのドアが開き、
一人のお客さんが降りました。
その奥に、上に行くお客さんが立っていて、
私の格好をじいいーーーっと、見ていました・・・。
あわてて、足を閉じましたが、全部、見られていました。

あまりにもリラックスしすぎました。
今後、本当に、気をつけようと思いました。

函館の柳家の「いかようかん」


手?足が二本、顔にかかっていて、はがせるのかどうか、友人にメールで確認しました。


はがせるけど、切れるかもしれないから、慎重にはがした方が良いとのことでした。


中心に求肥があり、イカのゴロみたいでした。
そのまわりに、コーヒー餡があり、さらに一番外側が羊羹生地でした。
味は、ごく普通というか、美味しいです。



私:「イカ羊羹買いに行きたい!」
母:「いいわ、見たくないし、車にいるから、買っておいで」
姉:「一緒に店内に入ってあげるけど、いらないわ」
とのことでした。

札幌グルメフーズの「甘酒キャラメル」


函館のお土産屋さんで見つけました。
札幌にある札幌グルメフーズという会社の、
「甘酒キャラメル」です。
「北海道産純米仕込酒粕使用」
となっています。
味は、それほど、甘酒の味はしないかな?
するけど。

この会社ですが、
美味しくなくて有名な、
「ジンギスカンキャラメル」を出しています。

それにしても、けっこう、甘酒シリーズ、
出てるんですねー。

函館ハリストス正教会


母と姉と私とで、この春函館に転勤になった弟の様子をみに行きました。
函館は私は久しぶりです。
色々行きたい所がありました。
その一つに、青函連絡船の摩周丸(青函連絡船はもうなくなり、港に停留されていて、見学できるようになっています)があったのですが、

母:「そんなの見たくない」
姉:「・・・・」
弟:「とくにぃ・・・」

ということで、一秒くらいで、却下になりました。
写真は、函館市元町にある「函館ハリストス正教会」です。
写真に微妙に写っているのが、姉です。


イカの???

20090509060623


え、これって、どういう風になっているの?
ようかん???

今から、函館に一泊で向かうのですが、
友人から、イカ羊羹?の写真が、携帯電話に届きました。
ぜひ、函館でゲットするようにとの指令?です。
友人は、友人の友人にお土産でもらって、
携帯電話の写真で写したみたいです。
私も実物、見てみたいですが、
無事に買うことができるでしょうか。

足裏のつぼを刺激する道


札幌市の白石区にある川下公園の中にリラックスプラザという建物があります。
その建物の二階に、健歩の道(だったかな?)があります。
手前にチラッと見えてるのが、丸太です。
その奥に横に並んでいるのが竹です。
そこくらいは大丈夫なのですが、
白く写っているのは、かなりとがった石で、
固定されています。
この上をあがるには、かなり、勇気が入ります。
子どもはまだ、体重が軽いので、ひょいひょいと歩きますが、
私なんて、全体重が、ずっしり?と、足の裏に一点集中で、かかるなんて、
想像しただけでも、おそろしくて、とても、あがれません。
それとも、健康なら、痛くないものなんでしょうか。

北海道神宮の大きい鯉のぼり


北海道神宮の境内の横に、
とても大きな鯉のぼりが泳いでいました。
私が今まで見た中で、一番大きいと思います。
比較できないので、残念ですが。
重そうに、丸々と太っていて、お腹を見せてるのが、私です。
というのは、ほんの冗談です。

北海道神宮の桜

jinguu.jpg
円山公園の桜が満開とニュースが流れていました。
桜が見たかったし、みんなにも見てもらいたかったので、
昨日の午後、用事を足しながら、車で、家族全員で円山方面に向かいました。
私は、
「さあ、今、桜が満開だから、移動中にも見つけて見ながら、円山に向かおうね」
と、言いました。
お天気もまあまあよく、GW中ということもあり、
時間にせかされることもなく、
のんびり移動していました。
あー、なんか、GWに、みんなで桜を見に行けて、うれしいなーと、思いました。
ラジオから、レゲエが流れてきて、まさに、レゲエな気分でした。

しかし、
上の子が、
「下の子が車の中ではしゃぎすぎでうるさい」
と、言いました。
そしていざ、着いてみると、
着いた途端に、
「早く帰ろう」
と、上の子が言いました。
でも、屋台の焼き鳥を見つけると、
「食べたい」
と、言いました。
下の子は、はしゃいでいて、
公園内の川を見つけて、
「入っても良いか?」
と、聞いてきました。

入ってダメに決まっています。

私は、とりあえず、無理やり(?)、
「きれいだねー」
を、連発して、帰ってきました。

子どもは、花なんて、興味ないんです。




忌野清志郎さん亡くなる

今朝、何気なく新聞を開いたら、忌野清志郎さんの顔写真が。
えっ!と、思って、見てみると、
5月2日に58歳で、
亡くなりましたと伝えられていました。

2006年に癌を患い、
その後、2008年に、
復活ライブをしたのまで覚えていたので、
すごく、ショックです。

私が、中学生の時に、
近くの高校の学校祭に行くと、
バンド演奏がありました。
その後、バンド演奏がコピーしていたのは、
RCサクセションということがわかり、
ボーカルのスタイルも、清志郎さんを真似していたということが分かりました。
それから、
RCサクセションを思うと、
近所の高校の学校祭、バンド演奏、
学ラン、詰め襟、
当時高校生に流行っていた下駄で通学すること、
その下駄のカランカランと言う音、
授業をさぼった高校生が、近くの山の中で、
また煙草を吸っていたということを噂で耳にしたことなど、
スライドショーみたいに、
頭の中で、当時のシーンが切り替わります。

1980年に発表された「トランジスタ・ラジオ」という曲の歌詞は、
♪授業をサボって、日の当たる場所に来たんだよ♪
と、始まります。
特に、この曲を聴くと、当時を思い出します。

その後、清志郎さんのファンの友人(田島さん)から、
清志郎さんの生きる姿勢を伝えられると、
へぇと、感心していました。
もっと、その姿勢も、みんなに知ってもらいたいと思いました。

本当に、本当に、残念です。

ご冥福をお祈りします。


最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。