スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの承認にしました

最近、迷惑コメントが多いので、
コメントを私がいったん、承認するように、設定しました。
迷惑コメントが、なくなったら、また、普通に戻します。
ご迷惑をおかけします。
これを機に、コメント控えないで下さい。
スポンサーサイト

エイミー・ワインハウスの「Rehab」

いつからだったか、
ラジオから流れてくるAmy Winehouse(エイミー・ワインハウス)の「Rehab」(リハブ)という曲が、お気に入りになっていました。
「Rehab」という曲は、それほど新しくない感じがして、もしかしたら、古い曲かもしれないと、思っていました。
歌っている女の人の声も、昔の、60年代のマーサアンドバンデラスやマーベレッツとかのガールグルーブの様な感じがして、もしかしたら、その系統なのかもしれないと勝手に思っていました。
容姿ももしかしたら、おばさん?とか・・・。すみません。
そのエイミー・ワインハウスの曲が、ちょっと前、頻繁にかかるようになって、何かあったのかな?と思っていたら、何かあった!のでした。
え?なに、なに、グラミー賞?え?それも5冠?あー、今の人だったんだーと、その時わかりました。
パソコンで、写真付きの記事を見て、容姿もびっくり!
おばさんじゃない・・・。
http://blog.manabiyahonpo.com/archives/category_world_news/_5_2/
色々、ゴシップのある人だそうですが、「Rehab」(リハブ)、お気に入りであることには、かわりありません。
試聴は、次のページの「Rehab」をクリックですが、あー、何か、クリックしても、聞けない・・・。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2529487#

マジックスパイスのスープカレー

札幌の白石区の本郷通り8丁目に店舗を構えているスープカレー屋さんの「マジックスパイス」。
その店舗を見かけた時は、とても、一人では、入る勇気がありませんでした。

http://www.magicspice.net/(札幌本店の店舗の外観、中の様子は、マジックスパイスのHPの「SAPPORO」というロゴをクリックすると、見ることができます。)

でも、比較的、家から遠からずの場所にあり、いつかは入ってみたいと思ってました。
それで、2月のある日、そのチャンスが到来かと思い、一人で店内へ。
眼科で開瞳検査をしていたので、よく見えなかったのですが、
靴を脱いで、店内へ入るようです。
わからなくて、一歩、靴のまま、中に入ってしまいました。
外も怪しい外観なら、中も怪しい・・・。私の印象です。
でも、働いている人はもちろん、お客さんも、メニューも、怪しくない!のでした。
だんだん、安心してきて、チキンカレーの悶絶(←辛さのランクです)を頼みました。
実は、店員さんにその上の涅槃からが美味しいとすすめられたのですが、
リトルスプーンの中辛を食べてから、辛さに自信がもてなくなっていたので、悶絶に。
でも、私には、もの足りなくて、テーブルにあったカイエンペッパーをふりかけることに。
あー、涅槃にすればよかった。また、チャンスがあったら、食べてみたいです。
majisupa.jpg

アジカルの「甘酒あめ」。

ajikalu.jpg

新潟のアジカル株式会社の酒粕入り「甘酒あめ」です。
■昔ながらの酒粕を砂糖と水飴とを美味しく調合し作られたものです。風味ゆたかな甘酒あめをご賞味ください。
と、書いてあります。
これは、ソフトキャンデイではなく、普通の飴です。
味は、うーん、まあまあです。

飛蚊症と光視症

ちっちゃい頃から、視界に、黒っぽい点が左右の目に一個か二個、見えていました。
気にしたら気になるし、気にならなかったら、気になりませんでした。
それが、年明けから、急に、左目の点が増えました。
十個以上?
あー、なんか、増えたなーと思っていたら、
今度は、朝の暗い時に、左の方を見ると、ピカッと光りました。
何回、やってみても、ピカッと光りました。
パソコンで調べてみると、
黒い点が見えるのが、飛蚊症で、光って見えるのが、光視症。
黒い点が急に増えたり、光って見えたりしたら、
網膜に傷がついている場合があり、すぐに病院を、と書いてあり、
先週の月曜日に病院に行きました。
瞳を開く開瞳検査をしましたが、今回は何ともないということでした。
つける薬もないとのことで、また、黒い点が増えたり、光って見えたら、
すぐに受診をということでした。
帰ってまたパソコンを見てみると、原因は「老化」・・・、それも、近視の人に多いそうです。
トシだ・・・。
開瞳検査は、目薬をさして、瞳を開くのですが、
これをやると、光がまぶしくて、焦点も合わないし、
3時間くらい、そういう状態になります。
車の運転はできません。

ピカッと光ったのは、その時だけでした。
黒い点は、はじっこの方に移動したり、消えたりする場合もあるそうです。

これを読んでいる人も、気を付けて下さい。
受診する時は、車には、乗っていかないで。

さっぽろ雪まつりの雪像

2月10日に行ったさっぽろ雪まつり。
地下鉄大通り駅で降りて、そこから、西12丁目くらいまでを歩いて、往復します。
だんだん、歩くのが、だるくなってくるのですが、
11丁目会場に「国際広場」というのがあって、
各国のチームの雪像を見るまで、頑張って歩きます。
その雪像が、その国らしかったり、一風変わっていたり、面白いです。
下は、その「国際広場」で写した物ですが、どこの国か、ちょっと、わからない・・・。
yukimaturi.jpg

真四角の雪のかたまりを男の人が、持ち上げようとしているところです。
おもしろいです。

サケのバター焼き

今日の夕飯。
生サケが安かったので、買ってきて、
適当な野菜と、エリンギ(←最近のお気に入り)とで、
ホットプレートで、焼きました。
バターをまぜて。
すごーく簡単だけど、おいしいんです。
sake.jpg

味付けは、バターとコショーくらいで、
お皿に取ってから、しょう油をたらして食べてます。

子どものお弁当

今は、毎日、お弁当作りということはありません。
夫さんもいらないし、子どもも給食があるし、
私も、会社で、お弁当があるし。

でも、たまに、子どものお弁当を作ります。
先日は、下の子が、スキー学習で、
スキー場に行くので、
お弁当持参ということで、作りました。
中身は、大好きな、サケのおにぎり二個と、
ちょっとしたおかず、ウィンナーとか、
ポテトとかです。
たいしたお弁当ではないのですが、
作っている時、
「お腹空いたー、お母さんのお弁当食べたいな」、
「お母さんのにぎってくれたおにぎりおいしいなー」
と思ってくれたら、いいなと思いながら、作ります。
それで、
帰ってきてから、お弁当が空だと、とても、うれしいです。

今回は、おかずが一個残っていましたが、
あとは、空だったので、まあまあでした。

箸をかえる上の子

ストーブの前に座って、私がカップラーメンを食べていました。
上の子が、すぐ隣りに座って、ストーブにあたっていました。

なぜ、こういうシチュエーションになったかと説明すると長くなるので、はぶきます。

上の子:「わ、カップラーメン、おいしそう!」
私:「食べたいなら、半分あげる、ちょっと、待ってて」
上の子:「うん!」
と、言って、なぜか、いそいそと台所へ。
手に、箸を持って戻ってきました。
私:(あれ?箸、どうして、持ってきたんだろ?)
私:「はい、いいよ、半分食べて」
と、言って、カップラーメンを箸と一緒に渡しました。
上の子:「うん!ありがと」
と、言って、当たり前のように、私が使っていた箸をはずし、自分が持ってきた箸を使って、カップラーメンを食べ始めました。
私:「ちょっと、待った!そんなにイヤなの?私の使った箸で、ラーメン食べるの」
上の子:「・・・・・」

これって、どうなんだろう???
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。