スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーマーケット初体験

 何と、事前準備期間ゼロというとんでもない状況で初のフリーマーケットを出店してきました。
 当日の朝に、家の不要品をどんどんつめて、値段は会場でつけました。
 メンバーは、私たち一家とフリーマーケット達人?の友人です。
 は、何年も家で不要品とあったものなので、とても安い値段で売っていたら、その友だちに安すぎると言われました。
 例えば、クリーニング済みのタグがついた婦人物のニット上衣とかだったのですが、最初から100円にしていたら、あっという間に何着も売れてしまいました。スタートは200円で良かったか?
 一番最初に売れたのが、病院で出されて未使用の湿布(5袋くらい)でした。こんなものが一番人気なの?とびっくり。
 その次に、入浴剤、せっけん。
 入浴剤は、もうないの?と聞かれ、お湯が色んな色になって下の子が怖がるのを我慢させて、今まで無理に使っていたことをとても後悔しました。
 あと、自分で捨てれないけど売り物にならないと思ったものは、「ただ」とシールを貼っていたら、びっくりして持って行きました。
 タダとか10円20円、100円とかが売れて、200円以上は売れなかった感じです。
 夫さんは私の値段付けが安いので、売り上げは1000円か2000円くらいと真面目に思っていたそうですが、そんなことはなく、家族で回転寿司を食べにいけるくらいの売り上げがありました。
 疲れて行きませんでしたけど。
 お客さんとのやりとりも面白くて、また、やりたいと思いました。

スポンサーサイト

馬糞おにぎりもある?

「馬糞まんじゅう」は食べたことあるけど、熊本に「馬糞おにぎり」があるそうなんですね〜。
お菓子より水分が多そうで、おにぎりの方が本物に近そうで、
ちょっとごはんの時間には思い出したくない感じ。
だけど、ごはんの時に食べるものだった。
ふ・く・ざ・つ〜。

今年(2006-07)もこわいの?インフルエンザ

前回の日記で、前のシーズンのインフルエンザの報道はこわかったけど、あれは何だったんだろうと書いたあとに、北海道新聞で今年のインフルエンザのことが報道されていました。
それによると、

・1918年に発生したスペイン風邪(死者数四千万〜五千万)、1957年のアジア風邪(死者数二百万人)、1968年の香港風邪(死者数百万人)と過去に三回インフルエンザの世界的大流行を経験したけど、今回はそれに匹敵し、流行したら、死者数は二百万〜七百四十万人になるだろう。
・日本上陸なら64万人死亡するだろう。
ということでした。

前シーズンと変わらない報道を目にし、やっぱり、ぶるぶる震えることに。

前回の風邪でも同じような報道がされていましたが、大流行には到りませんでした。大流行になるかもなるかもということでしたが、ならなかった、その理由とか、検証とかはないのかな。

今年(2006-07)のインフルエンザは。

去年、今年の年明けは新型インフルエンザの話題ですごかった記憶が。
「たくさんの人が亡くなってしまうかも」というので、すごかった。
こわくて、ぶるぶる震えていた感じがあります〜。
でも、今思うと、あれ?言われていたほどじゃなかったんじゃ?と少々肩透かしをくらったような感じがします。というか、そう思わされていただけ?
わからないけれど。
そのようなことについて、メディアで取り上げられたものも読まなかったので、最近、ふと自分でそういえば〜と、思いました。

今年もそろそろインフルエンザがどうのとかいう季節になってきましたね。

私の前回のインフルエンザの季節の日記です。
参考までに載せてみました。
タミフルやインフルエンザワクチン、かぜ薬について[2005/11/19]
たぬき先生のホームページ[2005/11/20]
タミフルで幻覚かも?[2006/4/17]私の友だちの子どもの体験です。
高熱による幻覚[2006/4/17]私の子どもの時の体験です。

追記:この日記を書いた直後に、メディアで今年のインフルエンザの記事が大々的に?報道されていました。そちらの内容を載せた日記は、今年もこわいの?インフルエンザです。ご覧になってみてください。

「これってホメことば?」

早朝にNHKラジオから変な歌が流れてきていました。今年の夏頃から。ボーカルも変?だし、バックコーラスもいかにもという感じだし、なんと言っても歌詞が変。でも変だけど、笑えておかしいんです。
徐々にわかったのですが、歌っているのは、現役のNHKのアナウンサー。バンドを組んだそうでその名前が「ことばおじさんとアナウンサーズ」、曲の名前が「これってホメことば?」。テレビの「みんなのうた」用のプロジェクトみたいです。
試聴はこちらからどうぞ。
「みんなのうた」としては、好評につき、8月9月に続き、この10月11月も追加放送されているそうです。
私は見れませんが。

歌詞はこちらです。
5番の歌詞は一般から募集していて、これから決まるそうです。


「馬糞まんじゅう」の思い出

今日、ラジオから静内の馬糞まんじゅうの話題が流れてきました。
それを聞いていたら、私と姉の馬糞まんじゅうの体験を昨日のことのように思い出しました。
姉と私が高校生くらいの頃、室蘭で馬糞まんじゅうが美味しいというお菓子屋さんがあると聞き、買いに行きました。
姉と私は、実物は見たことはなかったのですが、馬糞まんじゅうの名前のとおり、それらしい姿かたちをしているんだろうと思いました。
初めて入るお菓子屋さんの戸を開け、ガラスケースに並んでいる色々なお菓子を眺めていると、私と姉はあるお菓子に視線が止まりました。
(あっ、このお菓子にちがいない)
姉と私は、お互い目をあわせ、うなづきました。そして姉が、
「このバフンマンジュウ五個ください!」
と、さきほどから見守ってくれていた女の店員さんに言いました。
その瞬間、なぜかいきなり沈黙が訪れ・・・
沈黙はずっと続き、店員さんは一言も話さず、黙々とまんじゅうを包んでくれました。
かなり不機嫌のようでした。

お店を出てからの姉と私の会話は次のとおりです。
「もしかしたら、バフンマンジュウって、ただそう呼ばれているだけで、ちゃんと名前があるんじゃないの?」
「そう言えば、まんじゅうの所に、馬糞まんじゅうって書いてなかった」
「バフンマンジュウって、勝手にお客さんがそう呼んでいるだけで、お店で注文する時は、名前があるんだから、名前で言うんじゃ・・・」


 

地震と原発

今年の3月に、市民が運転中止を訴えた石川県の志賀原発ニ号機に対して、金沢地方裁判所が運転を差し止める判決を下していました。というのを、つい最近知りました。今年の3月といえば、仕事が大変で、毎晩のように、友だちが夕飯を作ってくれていたという時期でした(今も、大変なことは大変なのですが)。なので、ニュースも見てなかったのかもしれません。
判決の内容は、「地震で住民に被爆の恐れがある」というものです。
日本は、世界3位の原発を保有する国なのですが、他の国では、安定した大陸性岩盤の上に設置してあるそうです。日本は、環太平洋地震帯にあり、地震の多発国です。日本のいつどこでどういう規模の地震がおこるかわからないし、想像を超えた地震が起こる可能性のある国です。今回の判決は、営業運転中の原子力発電所に対して、初めての運転中止の判決です。


これが「たまらない立ち食いそば屋さん」の写真です。

立ち食いそば屋さん

ちょっと見づらいですが、黄色いのれんのある所が、立ち食いそば屋さんです。ちょうど、何人か人がいますが(ちなみに、私はいないです。写真を写しているので、それは当たり前)、あそこの位置に並んでいます。常に、かなり、素敵な匂いが充満しています。
あぁ、また、食べ物の内容に・・・。

本物?の「きかんしゃ やえもん」

きかんしゃ やえもん?

なぜか、見た瞬間、本物のきかんしゃやえもんだ!と思ってしまった機械?です。ぶどう狩りに行った際に、農園の脇にひっそりと置かれていました。子どもに言うと、子どもも特に否定はしなくて、一緒に記念撮影もしてきました。で、この機械は何をするものなのでしょうか?
「きかんしゃ やえもん」の絵本の写真はこちらです。

ロマンス製菓の「甘酒ソフトキャンディ」。

今年の4月に日記に美味しくてお気に入りと書いてから、なぜかこつぜんと姿を消していたロマンス製菓の甘酒ソフトキャンディ。もしかして、季節物?と思っていたら
9月末にまた発売になって、コンビニに並んでいました。明治五年に誕生した札幌唯一の酒造蔵元である千歳鶴の吟醸酒粕を使用だそうです。食べても酔いはしません。
甘酒ソフトキャンディ

今度は食べた「ぶどう」を。

仲野農園のぶどう

今日は、ぶどう狩りで、正々堂々とたくさん、ぶどうを食べてきました。
ただし、ぶどうの隣に食べてはいけないりんごコーナーがあり、一部、よだれを垂らす結果にはなりましたが。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。