スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌の除雪費は一晩で一億円。

雪が降ったら、
道路の除雪が必要なのですが、
札幌市は一晩で、約一億円かかるそうです。
びっくりしました。

それから、
札幌市が除雪するべき市内の道路を測ってみると、
札幌から鹿児島までの往復の距離になるそうです。
一晩でです。
これもびっくりしました。

スポンサーサイト

今朝も積雪。

今朝も昨夜から降った雪が積もっていました。
今年は、例年に比べて、やっぱり多いです。
「雪祭りの雪が確保できたら、もう雪はいらない」と、
毎年会話で出るのですが、
今年はもう十分だと思うので、もういらないです・・・。
今年の雪祭りの会場は、「大通公園」と、
去年までの自衛隊真駒内基地のところが、「さとらんど」に変更になりました。
自衛隊の真駒内基地でやらなくなったのは、
上田市長がイラク自衛隊派遣反対したからかな~とか、ボーーッと思っていました。
いずれにしても、真駒内基地で雪祭りを開催してくれていたことに感謝。
ありがとうございました。

テスト投稿です。

テスト、テスト。
です。

「増毛灘(ましけなだ)♪」 改め「増毛なんだ♪」

 この前の、増毛灘(ましけなだ)の曲のことがわかりました!
 セルジオ・メンデスのちょっと変わったアプローチで、昨日発売された「TIMELESS(タイムレス)」というアルバムの「MAS QUE NADA(マシュ・ケ・ナダ)」でした。
 この曲、私もよく聞いたことがあるのですが、みなさんも耳にしたことがあると思います。
 けど、今度の新しいバージョンが、「ましけなだ、ましけなだ」とよく耳につく感じなんです。
 男の人の声も女の人の声も「ましけなだ、ましけなだ」。
 で、「増毛灘」と漢字に当てはめてみましたが、そういう灘はないので、この度、「増毛なんだ♪」に改めさせていただきたいと思います。
 ぜひ、増毛町のご当地ソングとして、町のイベントにかけて、歌って踊って欲しいです。
試聴はこちら。←女の人の「ましけなんだ~♪」が聞けなくて残念なんですが。

※オリオンさん、情報ありがとうございました。

「キム兄」について

最近、婚約(結婚?)したと最近、テレビによく登場する「キム兄」。
友だちに会ったとき、キム兄に関する疑問をぶつけてみようと思いました。

私:「最近、ワイドショーとかで出てるキム兄っているでしょ?」
友:「えっ!?キム兄!?えっ!その質問待った!」
私:「だからね、キム兄ってね・・・」
友:「だからって、それ以上言うな~」
私:「えっ?だって。だから、キム兄って、キムタクのお兄さん?」
友:「わあ~、それ以上言うなって言ったのにぃ~!」

友だちは、キムタクのファンです。似ても似つかないでしょ?と怒っていました。
すみませんでした。
でも、確かにキムタクには、兄か弟がいたはずで・・・。
確かめてみたかっただけなのに。
すみませんでした。

増毛灘(ましけなだ)~♪

ラジオから、「なしけなだ~♪」と聞こえる曲が最近よく流れます。
増毛と言えば、道北の増毛。
の灘?
外国の曲で、なんて歌っているのかわからないのだけど、
さびの部分は、「ましけなだ~♪」というのがよくわかる。
変わった曲だ~。
メロディは聞いたことあるんだけど。

誰のなんて言う曲かわかったら、ぜひ明らかにしたいと思います。

こどものメガネの申込書控え

こどものメガネをメガネ屋さんに、作りに行きました。
フレーム、レンズを選びました。
最後に、できあがり次第連絡しますということで、控えの紙をくれました。

数日経って、できましたと電話が来ました。
早速、取りに行って、よつ折りにしたその「控えの紙」を店員さんに出しました。
すると、ちょっと、変な顔をしたような気がしたけど、すぐに笑顔になって、
「この用紙はお返しします」
と言って、よつ折りのまま、用紙を返してくれました。
それから、メガネを持ってきてくれました。

いつもの私なら、何も疑問に思わないところですが、
以前、携帯電話の修理控えの件で恥ずかしい思い(←前回のお話はここをクリック)をしているので、
さすがにピンとするどい勘がはたらいて、その紙を広げてみると、
違う紙だった・・・。

それにしても、以前の携帯電話屋さんも今回のメガネ屋さんも、何も言わないんですね。
やさしさなのかな・・・。


千歳空港での「じゃがポックル」の販売所。

先日、友だちから、
「今、千歳空港にいるんだけど、じゃがポックルあるよ~、いる?」
との連絡を受け、先ほど、会って手渡してもらいました。
これから食べようと思います。

その際、千歳空港のどこのお店で売ってるの?と聞かれたのですが、
私は、丸井とか三越とか物産コーナーじゃない?と答えました。
友だちはその時は、丸井で買ったそうです。

でも、実際どこに売っているのか、知らないので、カルビーに聞いてみようと思い、
先日問い合わせたら、

千歳空港内のお店では『エアーサービス/東急/札幌グランドホテル/スカイショップ小笠原/三越/丸井今井/耕人舎/JALUX/ANA/観光物産』

で、販売しているとのことでした。

入荷時間は、カルビーでは、各お店に直接聞いてくださいとのことでした。
前、観光物産で聞いたときは、朝と午後二時頃入荷すると言っていました。
その他の空港以外のお店も知りたかったのですが、それは、教えてくれませんでした。

北海道の各空港、ホテル、札幌駅や狸小路やファクトリーのお土産屋さんにも置いてあります。そうです。

※狸小路については、私の日記のカテゴリーの『じゃがポックル』をクリックしてくださいね。

テニスの新年会ぶじ終わる

おとつい、テニスの新年会が無事に終わりました。
テニスの人のカラオケを聞いたのは、初めてだったのですが、みんな上手でびっくり。
それも、選曲も凝ってて、いつ練習しているの~?という感じでした。

参加した人の年齢は、30代、40代、50代、60代、70代、80代の方でした。←本当です。
テニスの他にも、ゴルフ、登山、エアロビ、卓球など日頃からやっていて、
みなさん、パワフルの一言。
ちなみに、この前行ったスキー場でも、テニスの人に3人も会って、びっくり。

それでいて、あの歌声で感心してしまいました。

みなさん、「あそび方」を知っているんですね。

私もたくさんあそばないと駄目だと思いました。



今日はテニスの新年会。

今日はテニスの新年会です。
こういう時って、あんまりテニスの話しにはなりません。
ちなみに「マダム」は来ません。

混乱するアフィリエイト

 ブログやサイトなどで、商品の説明やそれに対する感想を載せて、それを見た人が、そのサイトを経由して(そこに紹介された商品をクリックして、お店に行くと)商品を購入すると、サイトを開いている人にいくらかの報酬が支払われる仕組みがアフィリエイトというそうです。企業は、日本全国どこにでも営業マンがいるようなものだし、サイトを開いている人もお小遣いを稼げるので、とても流行っています。私も音楽が好きで、CDを購入することがそのアーティストの活動を支えることになるのかと思うと、宣伝してどんどん買って欲しいという気持ちもあります。
 でも、アフィリエイトというのを目立つところに書いてあるサイトは一目瞭然なのですが、アフィリエイトというのがわかりづらいサイトがあって(私が慣れていないだけなのか)、後からわかったときに、そうだったんだ~と思うことがあります。相手が昔から知っている人だと、だいたいどういうスタンスなのかというのもわかるし、聞くこともできますが、全く知らない人だと、どこまでのスタンスかわかりません。
 どこまでのスタンスかわからないので、そのコメントの真意はどこにあるのだろうと考えてしまう私は、かなりの少数派なのでしょうか。

ホリエモンの強制捜査

 ホリエモンという人は、どういう人かよくわかりませんが、今、つぶされそうとしているような気がします。去年の日本放送の株を買い取って、乗っ取ろう?としていた時に、「ラジオとインターネットの融合」と言っていましたが、そんな発言を堂々として、大丈夫なのかなと思いました。私はインターネットが始まる前に、マス・メディアに対するところのミニ・コミュニケーションの役割について考え、自分なりにやったつもりです(詳しくは、トップページの「ミニコミマルチプライアの足跡」に書きました)。変ですが、全体を会社に例えるとして、マス・メディアは、社長や部長などの管理者の発言にあたります。インターネットは、社員同士の会話です。それを「面白いと思うから、会社内のコミュニケーションの垣根はなくそう」と言ったとしたら、力のある人につぶされるのは必至です。今、この時代にそう簡単に発言できる台詞ではないと思いました。「融合」には時期尚早。融合できるマス・メディアは、今のこのマス・メディアではありません。

誕生日ケーキのロウソクは「それなりに」。

早生まれなので、もうすぐ(いや、まだかな)私の誕生日が来ます。
去年の誕生日ケーキ購入の際の、店員さんとのやりとりを思い出しました~。

自分の誕生日のケーキを自分で選んでいる私。
ホールのチョコレートケーキを指さして、

私:「このチョコレートケーキ下さい」
店員さん(女の子):「はい、プレートはどうしますか?」
私:「えっ!プレートやってくれるの?」
店:「はい」
私:「じゃあ、ばにらで」
店:「わかりました、お誕生日でよろしいですね?」

しばらくして、これでいいですか?と見せてくれた白いチョコプレートには、

『バニラちゃん、お誕生日おめでとう!』

と茶色いチョコレート文字で、書かれていました。
(あれ~、「ちゃん」だって。子どもの誕生日ケーキだと思ったんだ~、まあ、かわいいからいいか、えへへのへ)

私:「はい、これで、いいですよ~」
店:「では、ロウソクは何本おつけしますか?」
私:「えっ・・・!」(ろうそくぅ~!私の年を言うのぉ?今ここでぇ?ええぇ・・・)「ええっと、ええ~~っと・・・」
店:「・・・・・・・・」
私:「あの~・・・、それなりに・・・」
店:「えっ?そ、それなりに?ですか?」
私:「ハイ、それなりに、です」

かしこまりました。
と言って、付けてくれたロウソクを、家に帰って、早速、数えたのでした。


スキー靴がきつかった。

滑っているより、リフト待ちで、歩いている方が多かったです。
まるで、歩くスキーをやってるみたいでした。
そして、重いスキー靴に板で、リフト待ちの歩行の間に、足腰が痛くなってきました。
一番痛いのが足のすね。スキー靴で圧迫されて、すねの骨が折れそう。
ただ滑っているだけなら、まだ我慢できるんだけど。
しかも、年々、同じスキー靴なのに、すねが痛くなってくるような。

その理由は、

1,スキー靴が縮んできて、足のすねが痛くなってきている。
2,足が太くなってきている。
3,スキー靴の中に入れているスキーウェアが厚くなってきて、足のすねが痛い。

答えは、2?がーん。

とても混んでいて、疲れたスキー。

昨日のスキー所はすごく混んでました。
リフト待つのでもう、疲れました。
家族連れですごく混んでいた理由は、

1,冬休み中に子どもをゲレンデに連れて行かなくてはいけないので、冬休み最後の日曜日ということで、かけ込みで混んだ。それに天気も良かった。
1,冬休み中に子どもをゲレンデに連れて行かなくてはいけないので、冬休み最後の日曜日ということで、かけ込みで混んだ。それに天気も良かった。
1,冬休み中に子どもをゲレンデに連れて行かなくてはいけないので、冬休み最後の日曜日ということで、かけ込みで混んだ。それに天気も良かった。

答えは、1です。
北海道の地方にもよるのですが、スキー学習が体育にある小学校では、3年生くらいから、授業でゲレンデに行きます(1,2年生は校庭とか近くの公園の雪山とかです)。リフトの乗り方とか、いきなりでは子どもも大変なので、事前に冬休み中にゲレンデを体験させてくださいという感じなのです。

テスト投稿です。

テスト、テスト。
ご迷惑をおかけします。

今日はスキー。

今日はスキーに行って来ます。
坂の上から(滑り始めるところ)、ただ子どもの滑りを見ていたら、
なぜかバランスを崩して、転ぶという情けない転び方は、
今年はしないと誓います。
(だまって立って、見ていただけなのになぜ?)

ドクター・ジョンのハリケーン被害者救援のCD

「ニューオーリンズの街」にトラックバックをいただきました。
Dr.Johnによるハリケーン・カトリーナの被害者救援CDが発売されていました。
CDタイトルは、「Sippiana Hericane」。
詳しくは、トラックバック先の文章をお読み下さい。
こちらをクリック。

やっと書き上げた~。

『試聴だ.COM』の「蘇州夜曲」の文。
書き終わるまで、ちょっと長かったです。
苦労したので、その宣伝でした。
「蘇州夜曲」の舞台背景。←これがそうです。

スーパーマーケットはピンク一色。

連日の雪で、雪かきでふぅふぅ。
スキーにも行かなくちゃ、というどっぷり真冬を過ごしている中、
スーパーマーケットの店内は、ピンク、ピンク、ピンクの色が鮮やか。
何のピンクかというと、苺、イチゴ、いちご、ストロベリー、strawberry!のピンク。
実物の苺は果物コーナーにあるのですが、
今くらいの時期から、苺を使った季節限定のお菓子や飲み物ですごいんです。
スーパーを一歩外に出ると、雪景色なんですが、
一歩中に入ると、まあ、ピンクのパッケージの物が目立つところに、ズラッと並んで華やか。
まだスキーにも行っていないのにもう苺の季節なの?
北海道はまだ、早いんじゃ・・・、と思いつつも、
雪が溶けて、葉っぱが出て・・・、を連想して、新鮮な気持ちに。
って、ホント、まだ早いんですけど。

それにしても、
バレンタイン用のチョコや製菓用品も、桜餅も売り出したし、
スーパーは、季節の先取り先取りですごいですね。
ボーーっと、のんびりしているので、
へぇ~っ!と、色んなことに感心しています。

苦手な「世界に一つだけの花」。

 先日の紅白歌合戦で「スキウタ」ナンバー1に輝いたスマップの「世界に一つだけの花」。
 出場歌手全員で歌われました。
 再度、みんなに人気のある曲だと認識させられました。
 その後、また、ラジオでもよくかかるようになりました。
 この曲がラジオでよくかかっていたのは、SMAPが歌ってヒットを出していた頃と、作詞作曲者の槇原敬之さんがセルフカバーを出した頃だったのですが、私は、この曲が苦手で、しばらくしたらラジオでかからなくなることを願って、じっとやり過ごしていました。
 やっと、かからなくなった!と思ったら、次のブームが来てはかかり、またかからなった!と思ったら、また次のブームが来てかかってしまう・・・、を繰り返しています。
 その度に、「どうしてこの曲が苦手なのか!?」を自問自答することになるのですが、結局わからずじまい。
 最初は、自分は歌詞が嫌いなんだと思って、歌詞の書かれたものをじっと見つめるのですが、「自分は自分だから、他人と比べないで輝こう」という感じで、いい歌詞。「ナンバー1よりオンリー1」と歌われているのですが、「ナンバー1の世界」も「オンリー1の世界」も大事だと思っているので、それもいいし。ちなみにこの曲、「スキウタ」のナンバー1になりましたが、この歌詞の内容からいくと変だとか、そこまで目くじらを立てる気持ちはありません。なので、歌詞が嫌いなんじゃないんだと思います。
 じゃあ、歌っている人かというと、SMAPも槇原敬之さんも全然嫌いじゃないです。
 歌っている人の気持ちが嫌なのかな?とも思いましたが、SMAPと槇原敬之さんがまったく、同じ気持ちでこの歌をうたっているわけじゃないと思うので、これも違うと思いました。
 SMAPバージョンも槇原敬之さんバージョンも苦手です。ということは、この曲を誰が歌っても苦手なんだと思います。
 
 結局・・・、「スキウタ」でナンバー1に支持されたし、みんなが好きなこの曲を苦手な私は変なんだな~と、この曲を聞くたびに思うことに。
 そういう「オンリー1」のお話でした。

今夜のご飯は何にしよう

今夜のご飯、何にしようか、今日は全然いい考えが思い浮かびませんでした。
それで、ブツブツと、
「今晩のご飯何にしよう、何にしよう・・・、何にしよう・・・」
と、しばらく言っていると上の子が一言。

「今日のお昼ご飯みたいに簡素でいいんじゃない?」
それを聞いて、私は、
「えっ!」
と言いました。そして、
「カンソって、今日のお昼ご飯、最近では、いや、冬休みに入ってから、一番手間がかかってる方だよ・・・」
と私が言うと、今度は、子どもが、
「えっ!」
というではありませんか。
その後は、お互い言葉がなくなり、
「・・・・・」
「・・・・・」
と、心の中での会話になりました。

ネット販売の「じゃがポックル」

いつもお世話になっておりますozorokeさんのブログに、
センカさんというところで、今なら手に入るみたいです。
詳しくは、ozorokeさんのブログでご確認ください。
http://jagapokkuru.seesaa.net/article/11413698.html

※他にも私の日記では、狸小路でのゲットの顛末とかありますので、カテゴリーの『じゃがポックル』をクリックしてみて下さいね。

初テニス

今年初めてのテニスをしてきました。

試合形式の練習で、
相手チームの前衛の人が、
「ストレートのロブを上げてごらん」
と言うので、
その通りにやってみました。
相手チームがサーブを打ってきたので、
それをストレートの方向に、ロブで返したのです。
でも、そのロブは、あまり高く上がらなくて、
しかし、前衛の人の手には届かず、
(ということは最高のロブ?)
それで、決まってしまったのです。
「ヤッター!!」
と小躍りして喜びましたが、
そのロブをひろうべき人は、「マダム」でした・・・。
「マダム」は一言、
「ヒロエナイ・・・」
とつぶやくように言っていました。
(シマッタ・・・、キマッテシマッタ・・・)
冷や冷やでした。

今年も頑張ろうと思います。

狸小路の狸神社

tanuki.jpg

昨日、狸小路に行ったときに、写してきました。
狸小路の狸神社(本陣狸大明神社)。
「狸」には、なでる部分により、八つの八得があるそうです。
どこもなでてきませんでした。
なでたら良かった・・・。
でも、気がふれたように笑いながら走っていた親子(『また狸小路に「じゃがポックル」を買いに行く。』)をやさしいまなざしで見ていました。
(のような気がします・・・。)

また狸小路に「じゃがポックル」を買いに行く。

 昨日、ススキノに一家四人で映画を見に行きました。
 映画を見たあと、狸小路でまた、「じゃがポックル」を買いに行きました。
 今日、上の子が私の実家に遊びに行くので、お土産に持たせたいというのもあり、そのお土産の分と、うちの分で、2箱買えないかなと思いました。
 狸小路4丁目から西に向かって歩いていくと、その4丁目に聞いたことがあるお土産屋さん「たぬきや」を発見。店内に入っていくと、何と、5箱くらいあるではないですか。お一人様一箱限りとなっていました。(あっ、ある!)と思ったのですが、先日買った6丁目のお土産屋さん(しらかば)では、山のように積んであって、何個でも買っていいし、おまけに段ボールでも売ってくれる感じだった(※1)ので、確かめたいのもあって、ここで買わないで、そっちで買おうと、お店を後にしました。ちょっと、後ろ髪を引かれる感じはありましたが。
 いざ、6丁目のお土産屋さんに到着し、店内に入っていくと、あれ?ない!どこにもない!あせって、お店の人に聞いてみると、
「今はありません。今年はまだ入荷していません」
とのことでした。がーん。さっき買っておけばよかった・・・。

続きを読む

あけましておめでとうございます。

ご挨拶がちょっと遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
なぜ遅くなったかというと、寝正月だったから・・・。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。