スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダムを避ける

「ひざが痛いから、走らせないでね」
と、にっこり笑ったマダム。

(ギャア、自信ない・・・、どうしよう、とほほ・・・)

クロスでの、打ち合いの練習が始まりました。
私は、今、来たばかりで、本当は、ショートラリーをしたかったのですが、
マダムは、最初から来ていたようで、
ショートラリーなど、もの足りないはず。
とても、言えない、ショートラリーしたいなんて・・・。

私は、自慢じゃありませんが、まだ、正確に、ねらった方向に、ボールは飛んでいきません。
ましてや、その日の、最初のラリーなんて、なおさらです。
右に、左に、ボールがブレるんです。

(はあ・・・、最初が、マダムなんて、最悪・・・)


でも、今さら、相手をかえて欲しい、なんて、口が裂けても言えません。
しかも、マダムです!
もう、ここは、開き直るしかない。
よし、思いきり、打つぞ!

エイッ!エイッ!
これで、どうだ!どうだ!
エイッ!エイッ!
どうだ!どうだぁあーー!

と、開き直って、思いきり打ちました。
結果・・・、
膝の痛いマダムを、左右に走らせることになり・・・。
心の中で、すまないと思いました。

やっと、時間が来て、ボールを拾い始めました。
ボールは、カゴに入れるので、どうしても、マダムと至近距離になります。
けど、私は、とおーーーい、とおーーーい、ボールをゆっくり、拾いに行って、
マダムを避けようとしました。

(会話したら、何を言われるかわからない・・・)

ゆっくり、拾っていたのに、
あれ?マダムが、私を待ってる?カゴの前で?
待たなくていいのに?

仕方ないので、ボールをカゴに入れに行くと、
マダムが、にっこり笑って、
「ごめんなさいね、膝が痛くて、ボール返せなくて」
と、言いました。

私は、とっさに、
「いつから、痛いんですか?」
と、言いました。
膝を心配する話題に持っていくためです。

その作戦は、何とか、うまく、いった・・・。
ふう・・・。






スポンサーサイト

久しぶりのテニス

去年の1月以来だから、
約1年半ぶりに、さっき、テニスをしてきました。
乱打は何とか、打てました。
が、
試合形式の練習のが、まるでダメ。

ストレス解消においでーと言われていったのに、
逆にストレス溜まってしまいました。

生活のペースが少しずつ、つかめてきたので、
週一回くらい、また、テニス復活したいです。

テニスボールを持っていく

テニスボールを購入する係りだったので、ボールを持って体育館に、行きました。
ただ、持っていっただけなので、今年は、1月に何回かやったっきりです。
久しぶりに顔を合わせると、みんな私がいないとさみしいさみしいと、心の底から言ってくれて(本当か)、落ち着いたらまた来ますと約束してきました。
ムッシュは、私の大声等が聞かれないのが、さみしいそうです。また、いじわるなロブも今となっては、懐かしい(?)そうです。
いじわるなロブと言えば、マダムですが、もう時効だと思うので、マダムの思い出を、また後ほど、書きたいと思います。

テニスの新年会ぶじ終わる

おとつい、テニスの新年会が無事に終わりました。
テニスの人のカラオケを聞いたのは、初めてだったのですが、みんな上手でびっくり。
それも、選曲も凝ってて、いつ練習しているの~?という感じでした。

参加した人の年齢は、30代、40代、50代、60代、70代、80代の方でした。←本当です。
テニスの他にも、ゴルフ、登山、エアロビ、卓球など日頃からやっていて、
みなさん、パワフルの一言。
ちなみに、この前行ったスキー場でも、テニスの人に3人も会って、びっくり。

それでいて、あの歌声で感心してしまいました。

みなさん、「あそび方」を知っているんですね。

私もたくさんあそばないと駄目だと思いました。



今日はテニスの新年会。

今日はテニスの新年会です。
こういう時って、あんまりテニスの話しにはなりません。
ちなみに「マダム」は来ません。

初テニス

今年初めてのテニスをしてきました。

試合形式の練習で、
相手チームの前衛の人が、
「ストレートのロブを上げてごらん」
と言うので、
その通りにやってみました。
相手チームがサーブを打ってきたので、
それをストレートの方向に、ロブで返したのです。
でも、そのロブは、あまり高く上がらなくて、
しかし、前衛の人の手には届かず、
(ということは最高のロブ?)
それで、決まってしまったのです。
「ヤッター!!」
と小躍りして喜びましたが、
そのロブをひろうべき人は、「マダム」でした・・・。
「マダム」は一言、
「ヒロエナイ・・・」
とつぶやくように言っていました。
(シマッタ・・・、キマッテシマッタ・・・)
冷や冷やでした。

今年も頑張ろうと思います。

しかし、マダムには気をつかう

試合形式の練習で、
「今までの人間関係を大切にして、気をつかってボールを打つように」
という冗談のようなアドバイスに、
「そんなの全く気にしていません!あははのは」
と答えた私ですが、
そういえば、実は、ひそかに、気をつかう人たちがいました・・・。

それは、ズバリ「マダム」です・・・。
私よりもテニスの経験が長くて、そして年上で、なおかつ、私よりも上手いけれど(私より下手な人はいないと言っていい)、ランクAとかBとかじゃない感じの「マダム」です。
(ストレートで、マダムの左を抜けるな!)
と思っても、打ちません。
絶対、打ちません。
滅相もありません。

テニスの試合での人間関係

先日のテニスで私は、相手のいないところをねらって、ボールを打ち返しました。
自分では、けっこう、ねらえたら、相手のいないところをねらいます。
(のつもりです・・・。)
練習試合が終わった後、相手チームの一人に、
「いないところをねらわれたら、取れないじゃない。試合では、相手との今までのつき合いや、人間関係を考えて、ボールを打つんだよ!」
と言われました。目が笑っているので、冗談ですが。
つまり、今までテニスを教えてくださったり、他にもお世話になったり、年上の方であったりで、相手に失礼のないボールを打ちなさいということなのでしょう~。
「え~!そんなこと全然考えてないよ~。あはは~のは~!」
が私の答えでした。

決まるスマッシュでぎゃふん

↑変なタイトル。
昨日のテニスは、サーブはいつもより今ひとつだったけど、
スマッシュがいつもより決まるなぁと思いました。
ビシビシっと相手コートに決まるんです。
ビシッビシッと。
自分で言うのもなんだけど。
そうしたら、休んでいるときに、ペアを組んでいた人が話しかけてくれました。
「今日は、すごい決まるね!ボレー」
(ボ、ボレー・・・。ボレーに見えるんだ・・・。私はスマッシュを打っているつもりなんだけど・・・。)
苦笑いしてしてしまいました。
まだまだです。

テニスボールのあと

先日コートで、クロスで二人一組で、乱打をしていたのですが、
その際、私の相手じゃない人が打ったボールが、
私の足にあたってしまいました。
それはそれは、すごいスピードだったらしく、
あててしまった人が、かなり、一生懸命謝ってくれていました。
「大丈夫ですから。何でもないです」
と私は、言いました。その人は、その後も何回もあやまってくれ、最後に、
「多分、あおたんになると思う・・・」
とつぶやきました。

その台詞を思い出して、昨日、自分の足を見て、大笑いしてしまいました。
丸いボールがあたったので、あおたんも丸いのかと思ったら、
リング(輪)になっていたのです。
きれいな輪になっていて、可笑しかったです。

でも、不思議。
ボールがあたって、あおたんになったら、オニオンリングのような形になるんだ~!

シャラポワみたいな人

昨日、電器屋さんに行ったら、
テレビで、ちょうど、AIGオープンのテニスの決勝の試合が始まりました。
BS hiだったので、うちでは見れないので、ちょっと見てました。
評判通り?、似てます。シャラポワに。
バ、バ、バイディソバ?
名前も覚えづらいので、シャラポワみたいな人で通しちゃいそう。
でも、本人は、似てるって言われてイヤみたい。
そうだよね、本人は本人だもの。
なので、名前を覚える努力をしようと思います。
バ・・・、バ・・・、バイディソバ。

それから、やはり、スコートの中からボールを出していました。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。