スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64回目の広島原爆投下の日

今日は、64回目の広島への原爆投下の日です。
一瞬で日常が終わった方、
後に、亡くなってしまった方、
ひとつひとつの死を無駄にしないように、
これからも、考え続ける努力をしたいと思います。

スポンサーサイト

「九条の会」北海道新聞の「卓上四季」より

6月7日(日)付けの北海道新聞の朝刊の一番下の蘭のコラム「卓上四季」のタイトルが「九条の会」でした。
久しぶりに、九条の会が取り上げられていました。
内容は、去年暮れに亡くなった加藤周一さんの追悼講演会のことを書いたものでした。
やがてリンクはなくなると思うので、全文掲載したいのですが、著作権で違反するので、やはりリンクだけ貼らせてもらいます。こちらです。

今回の判決について

 名古屋高裁の青山裁判長は、イラク空自活動が違憲だという判断を示しました。でも、主文では、原告の請求は退けられ、国側の勝訴となりました。でも、原告側は実質勝訴として、上告はしないとのことで、今回で確定となるそうです。
 裁判では、違憲状態としたが改める必要がないということなのでしょうか。いずれにしても、イラク空自活動が違憲だと判断された部分が、とても、嬉しかったです。私は、傍観者の一人かもしれませんが、ずっと、気になっていて、この判断が示された時は、やったーと思いました。

イラク自衛隊、米兵輸送は違憲ー名古屋高裁

 青山裁判長は判決で「イラクでは、多国籍軍と国内の武装勢力の間で国際的な武力紛争が行われ、特に首都バグダッドは多数の犠牲者が出ている地域でイラク復興特別措置法でいう『戦闘地域』に該当する」と認定。クウェートからバグダッドへ多国籍軍の兵士を空輸する空自の活動について「他国による武力行使と一体化した行動」と述べ、武力行使を禁止した憲法9条1項とイラク特措法2条2項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条3項に違反すると判断した。
『毎日jp(毎日新聞)』より

名古屋高裁の青山邦夫裁判長が、今日、イラク自衛隊の多国籍軍の兵士輸送は違憲との判断を示しました。違憲と認定したのは、初めてです。

「ロッカショ 2万4000年後の地球へのメッセージ」

STOP-ROKKASHOプロジェクト編著「ロッカショ 2万4000年後の地球へのメッセージ」という本が、講談社から出版されました。
この本を作った人たちの名前は、
坂本龍一、SUGIZO、桜井和寿、河野太郎、辻信一、UA、大貫妙子、小林武史、青木考、高木沙耶、桑原茂一、吉村栄一、ピーター・バラカン、マエキタミヤコ、瀧本幹也、正木高志、、岡野弘幹、星川淳、Oto、山根麻以、高橋靖子、サエキけんぞう、佐藤タイジほか多数、だそうです。
< 1日で原発1年分の放射能ー日本人は地球を殺すのですか!?>
<人類最大の「不都合な真実」は、実は日本にある!プルトニウムの半減期は2万4000年、耳かき一杯の分量で100万人の致死量ー>
<2008年2月に本格稼働予定の青森六ケ所村の核燃料再処理工場を、世界中の人々が恐れているーこの問題を知らないのは、実は日本人だけだ!>

知らない人もいるのですが、ミュージシャンが多数、坂本龍一さんが、前面に出ている感じなのでしょうか。
読んでみたいです。

薬害肝炎一律救済へ

「福田首相は23日、薬害C型肝炎訴訟の和解協議に関し、
患者全員を一律救済する法案を、
議員立法で、今国会に提出する考えを表明した。」
(12月24日付け北海道新聞より)
原告団にとっては、「大きな一歩」だと思います。
最近では、タミフルによる訴訟があります。

どの段階でも、まず、ひとりひとりのからだ(いのち)を大切に、
してもらいたいです。

12月8日

太平洋戦争が始まった日。
ジョン・レノンが、亡くなった日。

戦場とは、どういうところなのでしょう。
実際に行ってみると。
想像しただけでも、嫌ですが。

イラク派遣、故箕輪登氏ら道内33人の訴え却下

自衛隊のイラク派遣が、
憲法違反とのことで、
2004年1月に起こした箕輪登氏らのイラク派兵差し止めの訴えが、
先月の、11月20日に札幌地裁で、却下されました。

箕輪登氏は、判決結果を知ることもなく、
去年の5月14日に、病気のため、亡くなりました。

『我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る
  防衛省元幹部3人の志』
(三人のうち、一人が箕輪登さん)
という本が、かもがわ出版から、出ています。
読みたいです。

民主党の小沢代表辞意

今朝の朝刊トップが、
民主党の小沢代表が、
政治的混乱を生じさせたとして、
辞意表明。

与党も野党もないのではと思っていたのですが、
小沢代表は、ダメなことはダメとはっきりしていたように思います。
何か、がっかりしてます。

昭和天皇の憂い

去年の7月に、靖国神社にA級戦犯が祀られたことに対して、
その過程、結果が不満という昭和天皇のメモが明らかになりました。
前の日記もどうぞ。)
メモを書いたのは、当時の宮内庁長官・富田朝彦氏です。
日本経済新聞のスクープだったのですが、これを読んだときは、本当にびっくりしました。

その後、文芸春秋で小倉庫次侍従の日記が公開されたり、卜部亮吾侍従の日記が世に出たりしたようですが、やはり、靖国神社のA級戦犯が祀られたことに対しては、不満を抱いていたようです。

そして、今度は、もっと具体的な内容が明らかになったと、今朝の北海道新聞の一面に書かれていました。
徳川義寛侍従長が昭和天皇が終戦記念日に作った和歌の内容を尋ねると、『A級戦犯合祀に反対の考えを持っていて、「国のために戦に臨んで戦死した人々のみ霊を鎮める社であるのにそのご祭神の性格が変わるとお思いになっておられる」「戦争に関係した国と将来、深い禍根を残すことになるとのお考え」を明言したという』(今日付け北海道新聞より)。そういうことが明らかになったそうです。

もう、遅くなってしまったので、今日は、寝ます。


映画『夕凪の街 桜の国』

こうの史代さんの漫画が今年、映画化されたんですね。
見てみたいです。
もうすぐ、広島・長崎の原爆の日です。

地震と原発2

7月の中越沖地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
被災された方のお見舞い申し上げます。

2006年の3月に、市民が運転中止を訴えた石川県の志賀原発ニ号機に対して、金沢地方裁判所が運転を差し止める判決を下していました。判決内容は、「地震で住民に被爆の恐れがある」というものです。

過去の日記に詳しく書いてあります。

今回の中越沖地震で、柏崎刈羽原発で、想定外の地震で、火災が発生しました。
去年の3月の判決の重みが感じられました。

国民投票法成立・・・

憲法改正の手続きを定めた国民投票法が14日に成立しました。
憲法改正への、布石が着々と。
という感じです。

インタビューを受ける

今日、家族でパルコで開催中のサンダーバード展を見に行った後、
レジャーシートを広げて、大通公園でお昼を食べていると、
テレビ局の取材の人が。
何を質問をされるのだろうと思っていたら、
5月3日の憲法の日が近いということで、
『憲法改正』と『国民投票法案』の質問でした。
まずは、夫さんに、次は私に。
ワレワレ?は憲法改正イコール9条改正と思っているので、
そのことについて話しました。
夫さんは、国民投票法案は、投票率が10%台でも決まってしまうということの危うさ、
私は、母なので、子どもの将来が不安だということを言いました。
もっともっと他にもたくさん言ったんだけど。
多分、3日の放送だと思うけど、さて、使われるかしら。

エジプトのブロガーに有罪

ちょっと、前の北海道新聞の記事になります。
3月2日付けの朝刊に、載っていたものです。
自分のブログに、大統領の批判を書いた22歳の若者に対して、
侮辱罪に当たるとして、懲役4年の判決が出ました。
気になって、新聞を取っておいたのですが、
今、改めて、インターネットで、検索してみると、
あまり、マスコミで取り上げられていなくて、
ちょっと、びっくりしています。
記事の内容にもびっくりしましたが。
この判決に対して、国内外から批判が出ているそうです。
国境なき記者団による、
去年の暮れに出されたインターネットの敵の一覧には、
エジプトが入っていました。
ちなみに発表された13カ国とは、
ベラルーシ、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナム
です。
最新記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

vanilla

Author:vanilla
札幌在住。
「かならずにっき」は、
「vanilla web site」
の日記の部分です。

月別アーカイブ
RSSフィード
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。